涙でストレス発散をする

人が流す涙には3種類あるそうです

①感動した涙(基礎分泌の涙)
②悲しい時に流す涙(情動の涙)
③目にゴミが入った時や玉ねぎを切った時の涙(防御反射の涙)

この3種類の中で悲しい時に流す涙というのはストレス発散させる効果があるそうです。

涙とストレス

泣く前はストレスを受けている状態で
泣いた後にすっきりするのはストレスから解放されたからです。

ウソ泣きをする人は、逆にストレスを受けるそうなので
真実の涙こそ、ストレスを発散させるのだと思います。

男性のアンケート「泣ける漫画と言えば」

【泣ける漫画】
1位 スラムダンク
2位 ワンピース
3位 タッチとなっていました

私自身もタッチを見て泣いた派なので、
よくわかるのですが、
悲しい時や感動した時に流す涙はストレス発散されるような気がします

【こんな事】
漫画の泣き顔

マンガの場合には「泣き顔」を描くと、読者もつられて泣いてしまうといった
ケースがあるそうです

たとえば主人公やヒロインが涙を流すシーンが描かれていると
こちらまでつられて泣いてしまいそうになることがあります。

タッチの場合には「みなみちゃん」の泣きがをみると
確かに誘われて泣いたことがあります。

涙を流す適した時間

q5050

涙を流すのに適した時間があるそうです。

これは昼間よりも夜に流す涙のほうが良いそうです。
その理由として、

比較的に昼間はストレスを感じない時間帯です。

その点、昼間を過ごし、夕方、夜と
それに伴いストレスが加算されていきます。

そのストレスがたまった状態で一気に流すと
さらに良いのかもしれませんね

涙には気持ちを強くさせる効果がある

【メモ】
涙には種類によって成分が変わるそうです
例えば映画などを見てリラックスしている時に流す涙はカリウムの成分が多く出ているそうです
【豆知識】
玉ねぎを切る時に目にしみない方法は
口から呼吸をすると目にしみないそうです
このエントリーをはてなブックマークに追加
    


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ