ホームページとブログの違い

結論から言えばはブログはホームページの一種です

ブログは更新がしやすいために簡単に日記などを付けることができます

デザインもたくさんのテンプレートが用意されていますので
簡単に見栄えの良いブログを作る事が出来ます

編集や更新もブラウザ上で行えますので
インターネットがつながる場所であればどこでも更新が手軽に行えます

その逆にホームページの場合は、
HTML(ホームページを作るための知識)やCSS(レイアウト)などの知識が必要になってきます

ホームページは無料でも作れますが、
本格的なサイトを作るのであればレンタルサーバーを借りた方が良いです
ブログとは違い、作成したデーターをサーバーに送ります。
作業自体はめんどくさいのですが写真などの位置設定(レイアウト)が
細かく設定できますのでこったページが作れます。

【豆知識】ブログの名称
ブログはウェブログの略です
イメージとしては
ウェブ(クモの巣)
ログ(記録)

WEBの名称は
World Wide Web 【ワールド ワイド ウェブ 略名は www】になります

web log
ウェブに記録するという意味から→weblog→blogと略されています

【ホームページとサイトの違い】
そもそもホームページとサイトって違うの?
もともとはホームページとは
ブラウザが立ち上がった時に表示されるページのことを
ホームページと呼んでいたようです

サイトの場合には全体を指す場合に使われる言葉ですが
ホームページの場合には
ホームとなるトップページを指す場合に使われます

一般の人から見るとホームページとなると全体をイメージすると思いますが
「私のホームページを見てね!」と言われたら
トップページを見るのが正しいのかもしれません

ホームページとブログの比較

ホームページとブログのメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ