私の職業はライター

そもそも「ライターとは何か?」

ライターは文章を書く人、「執筆者」を表します。

自分のやるべきこととして
文章を書かなくては何も始まりません

これが仕事でもあります

最近思わずオセロゲームをやってしまいました。

オンライン上で対戦者の方と対戦をして
思わず時間を忘れてしまっていました

「これではダメだ!」

サイトを作るために
私が今やるべきこととして
文章を書かなければなりません。

デザイナーやプログラマーでもなく
ライターとして
情報を収集してまとめあげなければ先には進みません

ウェブで成功を夢見ているのであれば
そもそも
ゲームなどやっている場合ではありません。

運転の仕事では走ってなんぼ
ライターの仕事は文章を書いてなんぼ
だと思っています

今一度
気を引き締めるために
この記事を書いてみました。

この記事を書くことにより
もうゲームにのめりこむことは当分ないと思っています。

ブログにはこういった効果があります

パブリックコミットメント

宣言をすることで
欲をコントロールすることができます

ノマド宣言

いぜんに大きなトラフィックがあったと言った記事を書きました

そこで、そこをたどると

attrip.jpといったサイトにたどり着き
その運営をしいる著作のプロフィールや
サイトを見ると思わず関心をしてしまうほど
ライターの仕事をこなしています。

まさに理想的です

アクセスの増加

調査

私の仕事は調査をして記事にするのが仕事です

例えば散歩をしていて気になったこととして
墓ってなんで同じ方向を向いているのだろう?

何か意味があるのかと疑問に思いました。

そこで調べるわけです

結局作り的な問題もあるとは思いますが
中には「西」を向いている方が良いとかさまざまなようです

私は方角を調べるときに人の家をよく見ます

あまりまじまじと見ては変態になってしまいますので
何気なくベランダの位置を確認します

そしてそのベランダの位置こそが
南の場合が多く
大体の方角がわかることになります

一行目に願いをこめろ

売れ筋の本を書く著者が本の書き出しは一番重要だと言います

とにかく一行目に命(願い)を込めろと言えるぐらいに
一行目は大事だと言います

確かに
本や雑誌などを手にしたときに
最初の書き始めが魅力的ではないと
その後の記事を読む気にもなりません

その著者は本を書き終えた後に
もう一度一行目を見直すと言います
それほど一行目は大事だいいます

これはウェブサイトやブログにも言えることで
とにかくタイトルや記事の一行目が魅力的でないと
読み手の心をつかむ事ができません

その後を読みたくなるようなフレーズや言葉で
引っ張り上げないとならないと思います

単行本でも次の巻が読みなるなるように工夫を凝らすそうです
たとえば正体が見えないような奴が出てきて
その巻は終わる!

一体次の巻にどんな強い奴が出てくるのか
興味を持ってしまいます

そういったひきつけの工夫が必要になります

例えばですが
見出しなどに「プロが教える」や「テクニック」などと言った言葉を
入れておけば
プロと言った言葉やテクニックと言ったキーワードが気になるものです

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ