フォークリフトを取得する費用

私がフォークリフトを取得した時の話をしたいと思います。
専門の所へ前もって予約をして申し込んだ記憶があります。
三日ほど通ったと思うのですが、記憶上
定かではありませんが3万円〜4万円ぐらいではなかったでしょうか
私が講習を受けた時の試験は形程度だったと思います。

よほどでない限り、取得できると思います。

よほどと言うのは私が講習を受けたときは
全部で50人ほどだったと思います

中にはあまり運転がうまくない人もいましたが
それでも何の問題もなく
合格できました

どちらかというと
形だけと言った講習ですが
その中に一人だけ合格できなかった人がいました
おそらくはよほどダメだったのでしょうね

センスもあると思うのですが
ファークリフトも慣れです

慣れていない人が運転すると
その構造に戸惑うと思いますが

ゆっくりと操作をすれば何の問題もなく合格できると思います

フォークリフトの運転のコツ

フォークリフトの場合には自動車と違い
ハンドルを切ると後輪が動きます
そのため
ケツの部分である後ろが大きく振ってしまいます

右に切ったら左にケツが振ってしまいます
左に壁があるとしたら後ろ部分が左の壁にぶつかってしまいます

例えばですが両サイドに縁石があり
車で右に曲がる場合にはさほど左を気にする必要はありません
トラックの場合は別ですが乗用車であれば右に曲がる場合に
左を気にすることはありません

ですがフォークリフトの場合には
右に曲がる場合に左側一杯につけてしまうと
左側の部分のタイヤやボティが縁石にぶつかってしまいますので
右に曲がる際はできるだけ右寄りに着けて
左が降った場合のことも考えなくてはなりません

フォークリフトの操作方法

フォークリフトは主にパレットに乗った物を運搬することが
多いと思います
そのパレットにフォークリフトの爪を差し込む際の
注意点としてまとめたいと思います

フォークリフトの場合には
爪がありその爪が上下に動きます

レーバーがあり
下にひくと上へあがり
上に押すと下へ下がります

これはほとんどの機械では
この操作方法が一般的です

種類によっては左右に動いたりするものもありますが
一般的なフォークリフトでは上下に動く程度のものです

わたしがよく失敗していた例として
フォークの爪がうまくパレットに入らず
木のパレットを傷つけてしまったことがよくありました

運転席から見て爪と平行になっていないと
パレットの下をつついたり
上をつついたりしてしまうことがあります
平行と言うは地面と言うよりも
パレットに並行していなければなりません

すんなりとパレットの隙間におさめることができればよいのですが
なかなか最初のころはうまくいきません

うまく入らずそのままパレット後通してしまったり

運転席から平行に見えても
実際に降りて確認してみると
ぜんぜん違うことがあります

うまくなるコツは
何度も降りては確認して
間隔をつかむのがうまくなるコツだと思います

フォークリフトの種類

フォークリフトの種類はいろいろあります。
特徴をまとめてみました。

車と違い主に後ろのタイヤが動きます。よって小回りが利きます。
中には立って操作する物もあります。一般的な物は座って操作します。
立って操作するものは足でアクセル操作をするものだったと思います。

すこし運転した事がありますが、慣れないと結構大変です。
エンジン式はガソリン車とディーゼル車にわかれます。
そのほか電動式では充電をしてモーターで動かします。
右手でハンドルのステアリングノブを操作して左手でレバーを動かします。
フォークリフトは荷物にあった作りをしています。

クランプ式と言って挟んで荷物を移動させたりするものもあります。
そのためレバーの本数も2本あるものから4本あるものもあります。
持っていると倉庫管理など使えると思います。

フォークローダー

フォークリフトは主にアスファルトやコンクリートで舗装された所で活躍します。
フォークローダは砂利道などに適しています。
見た感じはパレットを運ぶのであればどちらとも爪がついています。

ですが最初になれないと扱いづらいです。
以外にフォークリフトの方が簡単そうに見えますが、
慣れてくるとフォークローダーもポテンシャル(潜在的能力)は高いです。

最後のパレットを置く位置を決めるときは、
ハンドルを微妙に動かすことで微調整ができます。

似たようなのでホイールローダーもありますが
フォークローダーのでかいばんと言った感じです。

ああいった大きい特殊車両、
ユンボなどもそうですが、
運転しているとまったくといって
機械音で人の声など聞こえません。
近づくのは絶対に危険ですので注意が必要になります。

どうしても近づく場合には、
運転手がこちらに気づいているのを確認してからでないと危険です。
ホイールローダーも色々ややこしいのですが、
確か道路を走るときは
大型特殊が必要で構内の時は、
車両建設機械の資格が必要だったと思います。

大型特殊は免許センタで一発試験を受けることができます。
試験内容はホイールローダーを使い試験を行います。
確か大型特殊の二種試験もあったと思います。
「二種試験?」とどこで使うかと言うと

東北では雪道で除雪をしながら人を乗せるのに二種免許が必要になります。
操縦は単純で、
車で言うとハンドルのウインカー部分を前に押すと
前進だったお思います。
手前ではバックです。

それと左にレバーがあり、
記憶では
十字に動いたとおもいますが
下に操作すると上にあがり、
上に操作すると下にさがり、
右に操作するとバケットをおこしたと思います。

土をすくう時は、
バケットを地面に平行にして
軽く地面につけてひきずりながら突進していきます。
いっぱいすくう時は、
エンジンを思いきってふかさないと、
エンジンが止まってしまう場合があります。

荷物の積み方

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク