一時間のアクセス数

一時間のアクセス数が100人近くになると
サイトにかける情熱も上回ってくると思います

最初の作りたてのころはどうしても一時間に
2,3人が良いところで

そういった作り立てのサイトは
比較的にアクセスはないのが現状だと思います

アクセスを集めるためには
良い記事を書くことが
一番に挙げられます

なにはともあれ
記事の内容がすべてです

その記事内容では
長い文章を書くことを心がけるようにすると良いと思います

短くてもよいといった意見もありますが
やはり長い文章が良いと思います
検索は閲覧時間をも見ています

少しでも
長くそのページにとどまってくれる方が良いのと
それだけたくさんのキーワードを使いますので
いろいな方向から検索されることになります

できるだけパソコンに向かって考えながら
打つよりも
紙に一度おこしてから
後で打ち込む方が長く文章が書けると思います

その時に字はできるだけきれいにかかないと
あとで解読が難しくなります

その解読に時間がとられてしまっては
もったいないので
字はできるだけきれいにかくようにした方が良いと思います

なかなか作りたてのサイトは
アクセスは思うようありません。

アクセスを集めやすくするためにはランキングなどに
登録をしたり
少しでも露出を多くすることで
アクセスを集めやすくさせると思います

アクセスが少ないとやる気が起きず
サイトの更新も気持ち的に弱まってしまいます

とにかくブログなどでは長い目で見て
定期的に更新をするのが良いと思います

10年間続けたブログの記事数であれば
そこそこのアクセスがあると思います

今から10年ぐらい前に始めた有名ブログなどをみていると
今でも更新頻度は毎日のように高い状態です
そのブログには広告も貼ってあり
収入がたくさんあるようです

そういった収入がモチベーションとなり
更新頻度を高めていく
モチベーションとなっていると思います

ブロガーの方で
中には本業を上回るぐらいの収入があるサイトがあります
やはりそういったサイトは
頻繁に記事を投稿しています

追記

先日、
一時間に2000のアクセスがありました
アクセス解析を見てみると
その時間帯が飛びぬけてアクセスが集中しています。
いったい何があったのか?

よく調べると
その時間帯にはテレビで話題になっていたことが
検索にかかったようです

やはりテレビの影響はすごいですね

丁度アクセスが集中した時間帯の前から
アクセス解析を見ていたのですが
用事がありたまたま車で移動した際にその出来事は起こっていたようです

実際にリアルタイムでアクセス数を見たかったのですが残念です

急激にアクセスが集中する際の要因として
テレビの影響があります

それだけ影響力がありますので
そういった話題の記事を書くとアクセスを呼ぶことができます

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ