ブラック企業とは

ブラック企業とは、いわゆる法律を無視した企業のことを言います

長時間と極端な労働時間を強いるなど
つまりは、
自分の会社の売り上げなどの事ばかり考え
働く労働者の事を考えていない「ブラック企業」を
2013年9月
このほど厚生労働省が取り締まりを開始するそうです

毎月の超過勤務は100時間を超えるうえに
残業代は出ないと言った事例や

「目つきが悪い」と言っただけで罵声を浴びせたり
時には拳も飛んできたと言った事例もあるようです

厚生労働省は1日に実地した無料電話相談で
計1042件の相談があったと発表をしました
その発表によると
1.残業代の不払いに関する件が556件
2.長時間の過重労働が414件
3.パワーズハラスメントが163件

業種別では
製造業が213件
小売業などの商業が207件
その他が108件
となっています。

私自身は色々な仕事についてきて
約100近くの職業にかかわってきました

その中で
良い職場と言うのは
社長の人柄が良いと言ったことが言えます

逆に
ただ単に売り上げの事ばかり考えている社長では
いいようにつかわれているだけと言った印象があります

やめてもらっては困る!
だからこそ時には魚に餌をやると言った事が
見えてしまうことがあります

やはり
良い職場では
従業員を大事にしているといった事は
間違えありません

特に経営者の人柄を判断することが大事なのかもしれません

最低限の労働条件は一日に働く時間は8時間が原則

パワハラとは

パワハラとはパワーズハラスメントの略で
厚生労働省は2012年に
受け付けた労働相談のうち
パワハラが一位になったと発表しました。

例年「解雇」の相談が一位となっていましたが
2012年には「パワハラ」が一位となっています。

パワハラに関しては、いじめや嫌がらせの事をさします。

どんなケース?

たとえば腰痛の痛みがあるのを知っていて
同僚よりつらい作業をさせられた。

など地味な
嫌がらせなどを受けるなどが挙げられます。

私自身もこれと似たような事を見たことがあります

そこの店長がただ単に嫌いだというだけで
仕事を押しつけようとしていました。

おそらくです職場を「やめさせたい」のだと伝わりました

テレビ

たまにテレビ番組で、食べ物を使った番組の配慮としてか
最後の方に、「スタッフが回収して食べました」と
メッセージがでますが、
「ホントか?」って思う事があります。

それをスタッフに食べさせる方がよっぽど
問題じゃないかと思ってしまいます

生産と安全性

工場などで目にする言葉として
1.安全が第一
2.品質が第二
3.生産が第三
と言った感じで優先順位がついていたりします。
これが良いバランスではないでしょうか

まずは安全が一番大事だとおもいます。
今まで見てきた中で
お客さんと同じように従業員を大切にしているところは、
比較的に安定している会社だと思います。

安全性を高める事で会社が伸びていき
安全がたかまれば信用も上がり
信用が上がれば発注も増えます。

そういったサイクルになってくるとおもいます。
けっかてきには品質や生産は後から自然とついてくるのではないでしょうか

【こんなケース】
経営者;
「たくさん作れ」
「もっとスピーディーに寝ないでたくさん作るんだ」
「品質など二の次だ」
社長、従業員の一人が休みたいと言ってきました。
「ダメだ!忙しい」
社長、従業員がけがをしました。
「他の人がその担当もしろ!」
社長、また一人やめたいと言う人がでました
「それでは人材を増やせばよい」
社長、人材が増えすぎたせいか派閥ができてしまいました。
「そうか、それではのんびり派の給料を下げれば良い」
社長、せかっち派とのんびり派がまた喧嘩して仕事がはかどりません
「そうか、のんびり派のやつらにはやめてもらう」
近所の風評(噂)、
あそこのスーパーは、いつも求人募集をしていているけど、何かあるのかしら?
うちの近所で、以前にあのスーパーで働いていた人がいたけど
あそこの社長はワンマンだって言っていたわよ
ワンマンって何?
ワンマン社長とは、人の意見などを聞かない、自己中心的な人の事
生産や品質重視で、従業員やお客の事な考えていなく
売り上げのことしか考えていないと言っていたわ
それじゃ向こうのスーパーの方がお高いけど安心ね

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク