天空の城のラピュタのドーラは母親をイメージした?

日本を代表するアニメの巨匠である宮崎駿監督が引退を表明した
「風立ちぬ」に精力を打ち込んた直後の決断!

ベネチアの記者会見の最後にスタジオジブリの
星野社長の」「これから発表事項あります」と
引退を明かした

宮崎アニメの主な長編作品

ルパン三世カリオストロの城 (1979年)
風の谷のナウシカ (1984年)
天空の城ラピュタ (1986年)
となりのトトロ (1988年)
魔女の宅急便 (1989年)
紅の豚 (1992年)
もののけ姫 (1997年)
千と千尋の神隠し (2001年)
ハウルの動く城 (2004年)
崖の上のポニョ (2008年)
風立ちぬ (2013年)

あれ!
「魔女の宅急便」より「となりのトトロ」の方が古かったのですね

それと
テレビでいっていた記憶なので
これは確かな情報ではないのですが

天空の城のラピュタに出てくる海賊のドーラは
「母親を思い浮かべた」と言っていたような気がします
つまりは
ドーラは宮崎監督の
母親がモデルになったのでしょうね

【ここで雑学】
宮崎長編アニメでは
タイトルに「の」がつくことが多く
もののけ姫では
特に意識して「の」を使ったようです
【金曜ロードショー】
金曜ロードショーで「となりのトトロ」などの
ジブリ作品を放送する際に苦情が多かったそうです
その理由とし「子供が眠らない」と言った苦情だそうです
たしかに新聞欄に見たい番組があると
子供ながらに見たい気持ちが高くなり
だだをこねるかもしれませんね
【メモ】
宮崎監督は「アニメは歩きで始まり歩きで終わる」と言った事を
常々言っているそうです。
それほどアニメーションの歩くシーンを描くのが難しいそうです
そういえばサザエさんなどでも
歩くシーンはぎこちなく見えてしまいます
このエントリーをはてなブックマークに追加
     


スポンサード リンク