プロ野球で優勝するとなぜビールかけをするの?

プロ野球でリーグ優勝をするとビールかけが定番となっていますが
なぜビールかけなのでしょうね?
それといつから始まったのでしょうか?
調べてみました

はじまりは
南海ホークスで(今でいうソフトバンク)が優勝した時だそうです

元楽天の野村監督が南海ホークスのキャッチャーとして
現役でプレーしていた時の時代です
相手チームである長島監督が巨人の四番を打っていたときに
打ち破り優勝した時に行われたのが由来のようです

で!なぜビール

メジャーリーグでは優勝をすると「シャンパンかけ」が行われますが
それをまねて日本ではビールかけとなったようです

当時シャンパンは高かったのでビールかけになったようです

【ビール瓶はなぜ茶色】
日光から品質を守るため、茶色は紫外線を遮断しやすい色です

目の下に黒いの

野球選手の目の下に黒いものが、
ずいぶんと疲れているのかと思いきや
あれはクマではなくアイブラックと言うそうです。

ボールを見やすくするためにつけているそうで、
太陽の光やスタジアムの照明で目の下で反射して、
ボールが見にくくなるようです。

もともとは外国人選手のようなほりの深い選手が目の下などの汗が反射して
目がくらまないようにつけているようですが、
近年、日本のプロ野球でもよく見かけるようになりました。

ダブルヘッダー

ダブルヘッダーとは、
野球において一日に二試合を行う事を言います。

2012年9月19日の出来事
ヤンキースのイチロー選手がダブルヘッダーで7安打と絶好調
一試合目の結果は4打数3安打で
二試合目は4打数4安打とイチロー選手らしい活躍です。

メジャーの舞台で7安打と言うのもすごいです。
お見事としか言いようがないです。

メジャーリーグの高い壁グリーンモンスター

小学生の頃、野球を6年間やっていました。
野球と言うと、昔にゲームをやっていて疑問に思ったことがあります。
ある球場で左(レフト側)のフェンスだけ高いのは何故だろうと思っていました?
その球場の事を少し調べてみました。

球場名は「フェンウェイ・パーク」と言い
アメリカのマサチューセッツ州ボストンにあるようです
本拠地としているのはレッドソックスのようです。

通称あの壁(フェンス)はグリーンモンスターと言うようです
名称の由来は当時広告があったのを緑色で塗ったのが由来のようです。
フェンスの高さはレフト側は約11.3メートルあるようです。
野球だけやっているわけじゃないようです。

サッカーやアメリカンフットボールなども行われるようです
そういえば、何となく長方形に見えます。

【豆知識】
野球場などの芝生はなぜかれないの?
それは「夏芝用の種」と「冬芝用の種」があるそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
    


スポンサード リンク