尿路結石とは何?

尿路結石とは
腎臓から尿道までの尿路に結石を生じる疾患
尿の成分が結石化したかたまり

日本でも欧米食で男女ともに増えている

種類
カルシウム 体内にもっとも含まれるミネラル
シュウ酸 毒性の強い酸
尿酸 体内の細胞の老廃物(プリン体など)

ほとんどが
カルシウムとシュウ酸
シュウ酸カルシウムの石

実際の石はさまざまな形や大きさをしている

結石が生成されるのが腎臓と膀胱

腎臓で作られたものを腎結石
尿管で見つかったものは尿管結石

このふたつが上部尿管結石95%

膀胱で作られたものは
膀胱結石
尿道で見つかったものは
尿道結石

下腹部尿路結石5%

症状

腎結石
自覚症状なし
健康診断で偶然見つかるケースが多い

尿管結石
突然発症する
側腹部の激痛
冷や汗や嘔吐を伴う

3~4時間痛みが続き
夜間から早朝に起きる事が多い
激痛なため通称「痛みの王様」と呼ばれる

尿管の部分にかかると激痛をともなる

尿管で石が暴れるのではなく
そこで流れなくなり
腎臓が次の尿を作るために
大きく腫れての激痛をともなう

尿管と尿道では圧倒できに
尿道のほうが太いので
尿道で詰まる事はない!

なぜ結石は起こるの?

食生活の欧米化
ストレス
気候(夏に石ができ秋になって症状が出る)
遺伝など

汗をかく仕事が注意!
特に水分が失われるので水分補給は大事

男性
7人に1人(30代から50代のが多い)

女性
15人に1人(50代)

40年前に比べると
3倍に増えている

女性はなぜ男性に比べると少ないの?
女性は女性ホルモンから尿中クエン酸排泄量が増加するために
できにくいそうです

ですが
50歳の女性からは閉経後に結石ができやすくなるそうです

その後「骨粗しょう症」に合併するケースもあるそうです

三つの検査をおこなう
1.尿検査で赤血球の数値を調べます
2.レントゲン検査(結石に成分によってはレントゲンに写ない事もある)
3.エコー検査

この三つの検査のうち
二つの疑いがあれば
体内に結石があるとして治療をおこなう

見つかった結石の幅が10ミリ以内の場合は利尿効果の薬などで
自然排石でうながす(水を摂取して縄跳びをする)

自然排石が困難な場合には
「体外衝撃波結石破砕術」で石を砕きます

その後砕いた石を体外に排出する

手術時間は約30分から1時間程度

メスを入れないために体への負担も低く
入院の必要もない

「体外衝撃波結石破砕術」
自己負担3割で約6万円がかかるそうです(2013年)

尿酸結石は溶かす事が出来るけど
シュウ酸カルシウムの場合には溶かす事が出来ないようです

内視鏡手術(自己負担3割で約7~10万円)
砕けない場合

開腹手術

あまりにも大きいもの

5年以内の再発率50%

尿の量を増やすことで予防に

紅茶やウーロン茶などはシュウ酸が多く含まれているために
飲みすぎに注意
ジュースは糖分があるのでこちらも飲みすぎに注意

牛乳は1杯ぐらいが良い

カルシウムをとることで逆に良いそうです

バランスを良く
シュウ酸とカルシウムをくっつけてやることで防げるそうです

シュウ酸だけですといしができやすいそうです
例えば
ホウレンソウにはジャコなどのカルシウムを一緒にとる

夕食は寝る前の4時間前までが良いそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク