下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)とは何?

下肢静脈瘤の症状としては、
血管が浮き出てぼこぼこの状態になります

国民の10人に1人が発症しているそうで

原因は静脈弁が何らかの形で壊れてしまい
逆流する現象です

遺伝的な体質もありますが

おもに女性がなりやすいとされています
その一つとして
ハイヒールを履くことがあったり
妊娠や出産で弁に負担がかかる事が言えるそうです

治療としては
レーザー治療で静脈を塞いで治すそうです

血管は細い血管をふくめ複数ありますので

その一部を塞いでも問題はないと言います

手術時間は30分程度で切らずに治療ができます

術後はその日に歩いて帰れるそうです

完治するのは個人差により約1カ月から1ヵ月半かかり
幹部もきれいに治るそうです

【悪化するとどうなる?】
・皮膚炎
・合併症
・皮膚の壊死
※場合によって、ひどくなると足の切断も余儀なくされるそうです

経過
ボコボコとした症状は一年や二年で悪化するのではなく
5年ぐらいと時間をかけてひどくなっていくと言います

【なりやすい人のチェック項目】
・妊娠と出産を経験した事がある
・親族に下肢静脈瘤になった人がいる
・夜中に足がつる
・足がむくんで靴がはけない
・夕方になると足に疲れを感じる
・足にかゆみや湿疹がある
・足に黒っぽい色がついている
・クモの巣のように細い血管dが浮き出て見える
【予防法】

・足の筋力を意識して歩き鍛える
・長時間同じ姿勢をしない
・寝るときは足先を高くする
・太りすぎの注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク