無職が長引くと老化が進む?

無職が長期化すると
老化が進むのでないかと言われています

確かにその通りで
ダレてなまけた生活を続けいてると老化が進むのではないかと思います

ひまを持てあまし
お金もなく毎日時間が過ぎていきます。
生活をするにもお金が減り続け
増えていくのは不安と焦りばかりです

そこで
閉じこもりがちになり
人とも話さずに
表情筋も衰え

みるみる顔のたるみがひどくなっていきます
さらに歩かないうえに
おまけに水分をとりむくみが取れない状態で
明日を迎えていしまいます

この繰り返しでは
見た目からも老化が進む一方です

さらに足腰も衰え自分に自信がなくなり
まさに悪循環に陥ることだと思います

たとえ
そこから立ち直るにしても
今まで楽したつけが回ってしまいます

もし仕事にありつけても
初日にクタクタで疲労困憊と気遣いから
疲れた顔をしながら週末に突入しなければなりません

ここで
私が何が言いたいのかと言うと

お金がなく不安を持つ日々を送る前に

どうにか仕事を見つけ、
その仕事にありつくまでに
体力作りをおこなわなければならないと思います

こういったときこそ
毎日規則正しい生活を送り
ちゃんと計画性を練らなくては自滅する可能性があります

その老化現象を悪化させないための対策として
毎日歩く事が大切です

「どこまでもあるこう」「天まであるこう」と言えるぐらい
歩くことは体に良い事です

よく定年退職を迎え
毎日散歩をして歩いている人や常に動いている人は
家に閉じこもりにる人と比べると
あきらかに老け方が違います

家に閉じこもりがちになり
誰とも話さないような生活を続けていると
老けこんでしまう一方だとおもいます

とにかく若い人でも同じく
だれた生活を続けいていると
一気に老けこんでしまいます

これは時間とともにわかる事だとおもいます

すぐには老けこむのではなく
あとあとあられるものだと思います

たとえば過度のダイエットで、
その時はよいのかもしれませんが
のちの数年後に何らかの悪影響を及ぼすかもしれません

昼夜逆転してしまう生活もあまり良くないと思います
人間は太陽からも何らかのエネルギーを受けていますので
一日一回は日射しを浴びたほうが良いのかもしれません

それと
紫外線を気にして太陽を避けていては免疫も弱り
いざ太陽を浴びたら
シミなどができやすくなってしますような気がします

やはり適度な日光浴は必要かもしれません

年をとったと思う瞬間

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ