孫が障子を破る確率

孫が祖父母の家に遊びにきて 
せっかくはったばかりの障子やふすまをやぶることって
結構の確率であるのではないかと思います

自分の家とは違い
間隔がつかめないためなのかもしれませんね

それに家では近所迷惑だからと
はしゃぐ事も出来ず
祖父母の家ではきがねなく
はしゃぐ事が出来ます

せっかく貼った障子が破られるとかなりショックです

586

障子紙を張り替えたいと思います。
まずは洗って一日干したものです

587

テーブルの上の方がやりやすいと思います

589

テープでとめて一度
一度デモンストレーションのように
張り合わせます

590

曲がっていないかを確認します

593

また丸めます

595

ノリをつけていきます

596

指や刷毛で伸ばします

598

障子を引っ張りながら張り合わせていきます

600

アクリル板を使い切れの良いカッターで切ります
カッターが切りにくいと失敗のもとです

601

完成です
これで少し時間が経ったら
霧吹きで水をかけていきます


手順

まずは古い障子紙を綺麗にはがすことが大事です
水で湿らせておきます。
失敗すると、余計な仕事が増えます。
かなり慎重に作業を行います
≪貼り方≫
私の場合ですが、
・のりをつけ忘れの内容に適度につけます。

・そこにたるみが出来ないように障子紙を当てて
いらない場所をカットします。

・仕上げに水をたっぷりかけてやります乾くとピンと張ってくれます。

用意するもの
障子紙
定規
のり
アクリル板
よく切れるカッター
ぞうきん
ティッシュペーパー

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク