選挙にかかる費用

ポスター貼り
一枚貼るのに600円かかるそうです
その場所にもよりますが約六百万円ぐらいかかるようです

選挙カー
選挙カーはレンタルででだいたい50万円ぐらいかかるそうです

供託金(きょうたくきん)
供託金とは受験料みたいなもので三百万円かかるそうです

プレハブ
一棟約60万円

ウグイス嬢
一人当たり約15000円

選挙に出るまでの金額は
だいたい1000万円~1500万円だそうです

東京都知事選挙にかかる費用

猪瀬さんが辞任をして東京都知事選挙がおこなわれます
その東京都知事選挙にかかる費用として
今回は約50億円(税金)がかかるそうです
ここ3年では計3回の東京都知事選挙が行われ
合計で130億円の費用がかかっているそうです

今回の都知事選の費用として内訳

なぜそんなに費用がかかるの?

まずは必要書類及び備品などにかかる費用(約4億7100万円)

・投票箱
・投票用紙
・掲示板

投票用紙は投票箱に入れた際に勝手に開く特殊な
紙を使っているそうです。
そのため開票作業がしやすくなっているそうです

投票率を上げるための呼びかけの宣伝費用(約2億6300万円)

・動画広告
・ティッシュ配り
・キャラクター

活動費(約3億7500万円)

・宣伝用ポスター
・公約を書いたビラ
・選挙カー
・新聞広告
・候補者の移動費

選挙カーは燃費なども含む

一番かかる費用として

人件費(約38億円)

アルバイト(1万6000円)
職員(5万円から6万円)

がかかるそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク