年賀状辞退のはがきを出す時のマナーとポイント

年に一度の年賀状はお互いの健康や繁栄を願うものであります。

ですが手間がかかる事や高齢などを理由に
年賀状のやり取りを控えたいと言った人が増えているそうです

その際に相手側にどのように伝えたらよいか?

相手側が用意するおそくとも12月初旬までにその申し出を伝えます

たとえば、
年賀状に「来年からは年賀はがきの年始の挨拶を失礼します」と告げると

受け取った側は
「どうしたのか?病気でもしたのか?」と心配や誤解をさせてしまう恐れがあります

マナーとしては
相手に心配をかけないように理由を添えて
「来年からはどなたにも年始の挨拶を失礼させていただきます」と
いった内容で告げるのが良いそうです

相手側が自分だけに届いたのかと誤解させないように
どなたにもと言った言葉を入れるようにすると良いそうです

あけおめメールって何?

最近ではメールを使う人が増えてきて
年賀状もメールで済ませる人が増えているそうです

とくにここ数年では
「明けましておめでとうございます」と言った通称「あけおめメール」が
元旦明けの二時間(0時~2時)に殺到すると見込まれています

その時間帯は回線がつながりにくくなりますので
電話会社も「あけおめメール」は控えるようにとのことです

やはりみんながいっせいにメールをすると
パンク状態にあるでしょうね

これは災害などでもありうる事なので
対策が必要そうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク