大型自動車第二種免許を取得してわかったこととアドバイス

大型自動車第二種免許とは何かというとバスの免許です。

二種免許は人を載せてお金を取る事ができます(営業ナンバー)
送迎などの場合には普通一種免許や大型一種免許でも可能です

ちなみにタクシーは普通二種免許にあたります
バスの免許は、お金があるのであれば、教習所で取った
方が良いと思います。

もし一発試験で取るのであれば
大型のトラックなどには慣れていた方がよいと思います。
乗り慣れていないと、かなり鋭角などは、厳しくなってくると思います。

鋭角をみて最初に思ったことは、
「これ折り返せるか」と思ったのが第一印象です
バスは自分が座っている位置よりだいぶ後ろにタイヤがありますので、
自分の体が縁石の上を通るような感じになります。

それと車庫入れなども見た目ではぶつかりそうでも、
意外と離れていたり、その逆もあります。
あまりインチキすぎて勧められませんが何か目印を見つけるとよいとおもいます。
それとタイヤの位置をちゃんと把握しておくとよいと思います。
自分が座席に座った時にどこの位置にタイヤがあるかを確認します。

私自身は、単純な事を待ちがえていました。
それは、交差点で右折するときに、かなりのスピードで
右折したことです。早く通過したいと思っていたせいか、
それに気づくのが遅かったです。

乗客を乗せているつもりでいかなければなりませんし、
確か、10キロ以内だったと思います。
かなり余裕をもって、ゆっくり曲がった方が良いです。

個人的には、「こんな、遅いと逆に危険だ」と
思っていました。ですがそれは通用しません。

だいぶ前ですがバスの免許を取った時の
感想などを思い出して、書いたものがあります。参考になるかも知れませんので載せておきます
バスの免許奮闘記

【アドバイス】
交差点で曲がるときは、とにかくゆっくり曲がるようにした方が良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク