メモリーとハードディスクとの違い

メモリとハードディスクはともに記憶装置ですが
役割としては違う意味を持っています

よく例として「メモリー」は”机”に例えられ
「ハードディスク」は”本棚”とたとえられます

学生のころに
各自に机が用意され、その机はみな同じ大きさです

教科書やノート、筆記用具を机においてしまったら
それで机のスペースはいっぱいになってしまいます
もう少し大きい机であればもっと便利です

つまりはメモリーを増設すればもっと快適になると言う事です
メモリーの増設=机の広さを増築
メモリーを増設するとそれだけいろいろな処理が出来ますので
快適な早さになります

ハードディスクの場合には「保管しておく場所」と考えます
いわば本棚の様なもので
それが大きければ図書館のように大きな図書館のようなイメージになります

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ