株の譲渡方法

株を譲り受けえる事になり、その時に行った事をまとめてみたいと思います。

まず私も、そこの証券会社の口座を作るために、郵送で書類を送ってもらいました。

そして、しばらくすると講座ができあがりの通知が来て、株を譲り受ける準備が整いました。

次に証券会社に問いあわせ、「譲り受けるための書類を郵送してもらいます」

そこに、譲る側(家族から)受ける側(私)の
名前や住所、銀行先を記入します。その際に、私のはんこは別ですが、譲る側の方は、すでに株を保有しているわけですから、印鑑を登録しているはずです

ですが家族いわく、しばらく前に口座を開設しているために、どの印鑑を使ったのかを忘れてしまったようです。
そこで、その証券会社の支店に電話をしてみると、口頭でハンコの特徴を教えてくれました。
例えばですが、
特徴が丸いはんこで、角ばった字をしているだとか、
「テン」や「ハネ」がないなどの特徴を教えてくれます。

それをヒントに、その登録したハンコを見つけ出すことができました。

そして、その書類を送り無事名義変更が完了しました。

必要なものとして、本人確認のために免許書のコピーを同封したとおもいます。

この記事はしばらくたってから編集したものですので、免許書のコピーに限っては、記憶があいまいな部分があります。

口座を作るために、確か自宅で免許書をコピーして送ったような気がします。

これで自分名義の株を保有することができました。

これは、いつ紙切れになるかわかりませんので
あまりあてにはせずに、お守り的に保管しておきたいと考えています。

そもそも株って?

日本の多くの会社は「株式」を発行しています。
その株式と引き換えにお金を集めて商売をしています。

よく「株式会社」と目にしたり耳にしますが、会社の景気が良いと株式も注目を集め、その会社の株を買おうと言った人が多くなります。

そうなると株が上がり、つまりは株価が上がることになります。

株式投資

株式投資とは?
株式を売買したり
持ち続けることで利益を得ることを「株式投資」と言います

インサイダー取引

インサイダー取引とは、公開されていない情報を利用して
売買する行為の事を言います。

言いかえれば、株が上がる事がわかっていて買う行為の事です。
インサイダー(insider)自体の意味としては内部の人を表します。

日経平均株価

日経平均株価とは
東京証券取引所一部で売り買いがされる
およそ1700社ある株のなかで

その各業種を代表する企業である225社の株の
価格を平均したものを言います。

ちなみにその225社は
年に一度見直しがあるそうです

株価が上がると
「景気が良くなるのでは?」となり
お金を使う人が増えていきます。

物が売れれば
企業も儲かり、
企業が儲かれば働く人の給料も上がる可能性があります。

逆に株価が下がれば
庶民の財布のひもは閉まり
物を買う人が少なくなってしまいます。

株が上がれば世間が活気づくのかもしれませんね

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク