匂いと臭いの使い分け

匂いと臭いのどちらを使うべき?
「匂い」と「臭い」の使い分けとしては
良いにおいの場合には「匂い」が当てられて
悪いにおいを使う場合には「臭い」として当てられるのが正しいようです

実際に辞書で調べてみると
匂いの場合には心地良い「におい」として使われようです

「どこからか美味しそうなカレーのにおいがしてくる」
この場合には「美味しそう」であるのでこちらの「匂い」が正しいと思います

逆に
臭いの場合には「くさい」とも読めるように
不快な「におい」をおらわす時に使われます

「魚の腐った臭いがする」
この場合には不快なにおいですのでこちらの「臭い」が正しいと思います

【豆知識】
臭いと言えば
ガスが漏れたときは「玉ねぎの腐ったよう」な強烈なにおいがすることがあります
でももともとはガスにはにおいがなく
漏れているのを知らせるために故意的に臭いがつけているそうです。

臭いが全くない事を「無臭」と言いますが
無臭の場合には「臭」の漢字が使われています

ちなみにガスのにおいには基準がなく地域によっては臭いが異なるようです

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ