警察署で免許の更新を受けるには

警察署で免許の更新手続きを行いましのたので記録としてこまかく載せておきます
違反などがない場合の優良免許の方は
警察署で免許の更新手続きが行えます
ただし
免許センターの場合と違い
別の日に講習を受けなくてはならいので
二度手間にはなってしまいますが

どちらを選ぶかはその人次第です
・免許センターへ行き一日で終わらせるか?
・それとも近場の警察署に行き後日講習を受けに行くか?

私の場合には前回と同様に警察署で受けました

まず免許の更新がある
誕生日の一か月前の月にはがきが自宅に届きます

更新手続きは
誕生日の一か月前から行えますので
空いている日に警察署に向かい更新手続きを行います

警察署へ持っていく物
・免許書
・写真
・お金

具体的にその流れとしては

まずは一日目は警察署で視力の検査や手続きを行い更新にかかるお金を支払います
その際に安全協会の金額も請求されますが
これは強制ではないので断ることもできます

それと新しく作る免許書用に写真を一枚用意します
警察署へ行くと
その写真の裏に
この写真を撮った日付を書くように促されます
これはだいたいでよいようで
たとえば一週間前に取ったのであれば
一週間前の日付を書くことになります

【目の検査】
目の検査ですが普通の視力検査と
動的に動いている棒がそろったらボタンを押す検査を行います
三本の棒がありその中の棒が前後に行き来しています
その棒が横直線にそろったらボタンを押します

これで一通り終わりで
後は手続きが終わるのを待ちます

そして
名前が呼ばれ
カウンターで今使っている免許書と
講習に行く案内の紙が渡されます
その紙に日付が書かれていますので
その日に
警察署に指定された
場所へ出向くことになります

ちなみ免許書の裏には
この免許書の有効期限が赤文字で書かれていました

だいたい手続きの時間にして警察署にいた時間として
10分から15分ぐらいだったとおもいます

後日
警察で受け渡された紙には
日付が記載されていて
その日に講習を行う事になります

【講習】
紙には9時から9時15分の受付となっていましたが
8時40分頃には教室の前でもうすでに受付が行われていました
警察官らしき制服の方が
免許の書き換えはこちらと促されます
警察署で受け渡された紙と
今使っている免許証を提出します
そこで番号札が渡されました

そして教室の中に入るともうすでに何人かの人がいました

そして9時になるとだんだんと人が増えてきて
教室は満杯になりました
(40人ぐらいだったと思います)

一通り見渡すと
子供連れの方もいました。
中には帽子をかぶっている人もいましたが
注意はされないようなので
たぶんかぶったままでも大丈夫だと思います

きっちりと30分の講習でした

結局筆記用部は使わなかったです

【今日わかった事】
免許書の更新の際に

古い免許書を欲しい方はもらって帰れるようです
特に必要でもないのですが
自分で処分するために
念のためもらって帰りました

処理する為に
古い免許書を燃やしてみたのですが
その結果安定して燃えることがわかりました
かなり一定の火力で安定して燃えていました

【疑問】
免許の更新のはがきが来た場合の後に違反をしてしまったらどうなるの?
疑問に思っていたので直接聞いてみました
答えは
免許の更新のはがきが家に届いた後に、
もし違反をしてしまった場合
例えばこのはがきが届く前は無違反ではがきには
次の更新後の免許書の色が 
「ゴールド」で
有効年数が「5年」と書いてあれば
それはその通り無違反として「ゴールド免許」になるようです

でははがきが届いた後に違反をしたら?
それは次回の持ち越しとなるそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ