トンボを捕まえるコツ

今日、トンボを何匹か捕まえました。
ロープに止まっていたトンボはすぐに捕まえる事ができ、
夕方の西日があたる中、トンボは光のかげんのせいか、
簡単に捕まえる事ができました。

トンボの捕まえ方のコツとしては
背後の尻尾の方からゆっくりと気づかれないように接近して羽をつかみます

【トンボの習性】
トンボは長い棒を差し出すと
その棒の木の先端にとまってくれます

そういえば疑問です?
家の中では蚊やハエ、蜂は見かけますが、
長年生きてきて、
部屋の中でトンボを見かけたことは、
おそらくないと思います。不思議です?

間違えて迷い込んできてもよいようなものですが
うちの家には
入ってきたことがありません

もしトンボが入ってきたら
良い事が起こりそうです。

いや
逆に悪いことが起きるかもしれません

イタリアではテントウムシは幸せを運んでくれると言ったジンクスがあります

はたしてトンボはどうでしょう?

【メモ】
トンボが私の周りを飛んでいたので
もしかしたら指にとまってくれるかと思い
指を差し出すと
警戒することなくすんなりと止まってくれました
もしかしたら何か良い事が起きるかもと期待していたのですが
一週間たった今、結局何も良い事が起こりませんでした

私とトンボの愛称なのでしょうかね
他の人だったら
違う出来事があるかもしれません

私は昔に今まで聞いたことがないぐらい鉄塔にいた大群のカラスが鳴いているのを
目にしました
その時に
小学生だった同級生がなくなったことが次の日にわかりました。
偶然ではあるとは思うのですが同じぐらいの時間帯でした。
あのカラスは知らせだったのではないかと今でも思っています
その同級生とはとても仲が良く
1年生からずっと同じクラスでした
その友達は小学校5年生の時に亡くなったのですが
2年単位のクラス分けだったので
6年生も同じクラスのはずでした
たしか男では私だけだったような気がします

つながりがあっただけに
もしかしたら
カラスが教えてくれたのかもしれません

【豆知識】シオカラトンボの名前の由来って何だろう?
食べたら塩辛いのでしょうか?

由来としては
オスは老熟すると体全体が黒くなり
胸部から腹部にかけて灰色の粉に覆われます。
それがシオに見立てたのが由来だといわれています

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ