徳俵

徳俵(とくだわら)とは
すもうの土俵には20表の俵が置かれています。
そのうちの東西南北の中央に埋めてある四カ所の俵の事を「徳俵」と言います
普通の俵よりも俵一個分ずらしてあるので
本来は負けとなる位置でも一俵分ずらしてあるおかげで、
追い込まれた時に一つ分に得をする事から徳俵と言われているそうです。
その徳俵が作られた理由としては、
昔は相撲は屋外で行われていたそうです。
その時に徳俵を設置していないと雨がたまってしまい水たまりのようになってしまうそうです
それを防ぐために一個分ずらして
雨がたまらないように設置されたそうです

験担ぎ(げんかつぎ)に鶏肉
験担ぎとは、以前に良い事があり、その同じ行為をする事です
てるてる坊主を作ったら、雨が降った!などです。

相撲では鶏肉を食べると縁起が良いと言われています。
それは鶏が二本足で立つことからだそうです
例えばゴリラをイメージてもらうとわかりますが
ゴリラは手をつきながら歩きます。
相撲では手をついたら負けですので、
ゴリラなどはあまり良いイメージではないかもしれませんね
そもそもゴリラは食べないので、例になっていませんね

相撲の行事(審判)が短刀を指していますが、
あれは何の意味があるのでしょうね?
それは昔に、もし差し違えた場合に、
切腹をすると言った意味があったそうです
それほど大変な、立場だったのでしょうね

【まわし】

けいこのまわしは意外に安く1メートル(約1000円)だそうです

けいこまわしと違い本番で使われるまわしは

一本数十万円以上すると言われるます

その「まわし」ですが本番で使われるまわしは

布なので軽くふく程度で洗わないそうです

そのまわしを洗わない理由として

・まずは絹でできている事

絹の着物もそうですが洗わないのが鉄則のようです

・まわしを洗わない理由として「水入り(苦戦)につながる」といった事から避けるようです

まわしを洗うとのりがとれてしまい

相手にまわしを取られやすくなってしまうそうです

まわしの寿命は?

まわしの寿命はおよそ二年から三年と言われています

【ここ雑学】

力士を呼ぶ際に「○○関」と「関」を付けますが
何故なの?
今の相撲の最高位は横綱ですが
江戸時代の最高位は大関が一番の最高位でした

その名残のせいか
力士に対して敬称の意味を込めて
「○○関」と呼ぶそうです

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ