畳べり

畳べりとは、畳のふち部分の模様が入っていたりする部分です。
種類は数千あるとも言われます
最近ではヘリのないものもあるようです
畳べりの役目としては。敷いた時に隙間をふさぐために補強してあるようです。
平安時代では
元々は身分をあらわすためのようで
当時、畳は座布団としても使われていたそうで
紫は殿上人が使っていたそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ