バスの免許取得のワンポイントアドバイス

※免許を取ってから随分と時がたって、執筆したものですのです。
誤っている所があるかも知れませんので参考程度に見て下さい

またがって良い線と悪い線がもっとも重要です

注意点

学科試験
まず始めに学科試験に合格をしなければなりません。
普通自動車と違い二種免許特有の問題が出てきます
≪例えば≫夜間路線バスは室内等をつけなければいけない?
答えは丸です、夜間バスでは室内等をつけて走行しないといけません

重要な点
[重要な点1]曲がり方の速度に注意する
曲がるときはゆっくり10kmぐらいに、
曲がり途中にブレーキを踏まないようにスムーズに

[重要な点2]後はまたがっていい白線やいけない白線を勉強する。
左の白線はバイクを入れないように白線に入り寄せながら左折する。
正直、免許を取得してからだいぶ年数がたつので記憶が定かではないので
何とも言えないですけど、またがってはいけない線といい線があります。
それが一番のキーポイントだと思います

技能試験
バスのまわりや下をのぞいたりタイヤを見たり
試験管も同じ人間なのであいさつはお忘れなく
座席調整、ルームミラー、各種ミラーの調整、シートベルト 
ルームミラーは変える必要がなくてもなおした方がいいです。
直す気がないと適当だと思われます

エンジンの始動

ブレーキを踏みサイドブレーキが引いてあることを確認する
クラッチを踏みギアをニュートラルにする。
ブレーキを踏んだままキースイッチを回してエンジンを始動する
その時ハンドルは左手で握ったままいったんアクセサリー(バッテリースイッチ)
にしてワンテンポ置いてからエンジンスタートします

発車

発車しますと試験管に一言かけます

状況で向こうから発進していいと合図されるかもしれません。

教習所ではないので
ほとんどが自分で判断します

安全確認

ルームミラー、左サイドミラー、左後方目視、ルームミラー、右サイドミラー、右後方目視の順番で 
安全確認する。 この事を6点確認とします。
ウインカーを出しギアを2速に入れます(2速発進)
サイドブレーキを解除しルームミラー、右サイドミラー、右後方目視の 3点確認
安全確認はしつこいほどにします。

発進のしかたやブレーキのかけ方は、
乗客を乗せているつもりのイメージを心がけます。

ハンドル操作

曲がり角では曲がりながらシフトチェンジをしてはいけません
シフトを変えるのは直進走行の時に行います

ブレーキのかけ方
ブレーキを踏む時は2回以上踏みながら減速します(この事をポンキングブレーキと言います)
ブレーキランプは3回ぐらい(ランプを)つけるのがベストです。試験官は確認しています。
試験官にショックを与えるようなブレーキのかけ方をしてはいけません乗客の立場になっています。
 

シフトレバー

止まれの停止線に止まるときはアンダーミラーを活用して離れすぎても駄目ですし、
勿論はみ出しても駄目です。
ある程度ギアを落として止まる寸前に停止するまではシフトレバーに手をかけないようにします。
ハンドルは握ったままです。

走行
走行は常に道路の左側に沿って走行します。
後輪がセンターラインを踏まないように気をつけてください

右折
交差点の33メートル手前位からから 
ルームミラー、右ミラー、右目視(3点確認)右ウインカーを出して出したら三秒ぐらい数えて右に寄せますセンターライン
50センチ以内ぐらいにします。
また曲がるときに信号などに引っ掛からなければ3点確認して曲がりますが、
その時ゆっくりあわてずに曲がります。速度に気おつけて下さい

停車

左ウインカーを出して減速します
停車ホーム縁石から30センチ以上離れないようにします。
後ろのドアの中心と止まるマークが極力一致するように止まります。
直接後ろのドアを見て止まらないように注意します。減点対象です

エンジンを停止

サイドブレーキを引く、
ウインカーを元に戻す、
ギアをニュートラルにして
キースイッチを回してエンジン停止します。
ギアをバックギアに入れます
クラッチから足を離してからブレーキも足を離します。
そして、シートベルトをはずして
椅子を後ろまで下げるこれはやらなくてもいいかもしれません。

工事現場などの進路変更の時も必ず三点確認を忘れずにしてください

踏切

踏切手前ぐらいから音の確認のため窓をあけておきます
踏切の発車の時も左右確認、6点確認は忘れないようにします

踏切のイラストです

注意点

必ず合図を出す前は安全確認をする癖をつけておきましょう
ルームミラーはお客さん(乗客)を乗せているようなイメージで見ます
試験は下車するまで気を抜かないようにします
運転が終わって終わりではなく
運転が終わって車内を軽く見渡す感じで車外にでて試験管の窓越しで
終わりましたと告げましょう

技能試験は大抵一回では受からせてくれないので何度か行くつもりで頑張ってください

鋭角

【鋭角】

S字

【S字】

ロゴ

少しめんどくさかった事は一発試験に合格した後に、2日間の講習を教習所にて受けた事です
それを受けて、また試験場に向かいそこではじめて免許が受け渡されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク