牛の部位

牛の部位

タン

舌の部分で鮮度の良いものは刺身として食べても美味しいです

ホッペ

ほほ肉は、牛1頭からわずか800gしかとれない

カシラ

こめかみと頬の部分です

ランプ
脂身がなく、部位が柔らかいのが特徴です

ツラミ

牛のほほの部分で病みつきな味になります

ネック

首の部分です。筋が多く硬い部位です

肩ロース
くらしたとも言います
程よい霜降りがあり、やわらかさが特徴です

ハネシタ
ロースで一番首に近い部分で細密にサシが入った部分でリブロースより赤身が多いです。

リブロース

背肉で最も美味な部分です。しゃぶしゃぶに適しています

サーロイン

牛肉の最高部位のひとつです

ラム

モモにあたる部分で
ユッケなどにもよく使われます

イチボ

モモの中で一番やわらかい部分です。ランプのこと

三角バラ
バラの中の王様

外バラ(カルビ)

あばら肉部分

中バラ

牛の部位の中で最も大きな部位です

肩バラ

胸からおなかにかけてお肉のことです

カイノミ

一頭からほんの少しかとれないです 上カルビとして使用します

シンタマ
内モモの下位にある丸い形状部分です

ブリスケ

肉質は固く、別名コーネとも呼ばれる。

ササ身

ヒレ肉の下の部分

内モモ

赤身が多く脂身が少ない部分です

外モモ

脂肪分が少なく、やや硬さがある部分です。

マクラ
人気があるマクラも外モモから取られます

ハツ

コリコリした歯ごたえが特徴です

ミスジ
肩甲骨の下の部分です1頭で5キロ位しか取れず
最上級の部分は2キロ程度しか取れません

レバー

肝臓部分です

ハラミ

ハラミは牛の横隔膜の部分です

ミノ

第一の胃袋部分です。

ハチノス
第二胃袋

センマイ

第三の胃袋です

赤センマイ

第四の胃袋です

テッチャン

牛の大腸部分です

スネ
ふくらはぎの部分で筋が多いのが特徴ですが肉の味は濃厚です

テール

しっぽの部分ですコラーゲンたっぷりです

牛にまつわる記事

【ホルモンは何故ホルモン?】

昔マグロのトロは捨てていたそうです

ホルモンも同じく今現在に「ホルモン」と呼ばれる部位は
戦前は捨てていたそうです

なので

「放るもん」=「ホルモン」
とされていましたが

これは俗説のようで

内臓を食べると元気になり
生成される「ホルモン」の名前を取って「ホルモン」と言ったのが説のようです

【カラスに狙われる】
牧場で飼っている牛がカラスに狙われると言った
被害が起きているそうです

その生きた牛の背中に乗り
カラスが肉を食すと言った被害です
中には牛が死んだケースもあるようです

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク