アクセスアップ【閲覧数を増やす方法】

ブログやホームページで閲覧数を増やす方法

ナビ用イラスト
自信がある記事は、ページの上で使うようにします

ナビ用イラスト
アピールしたいコメントは文字を強調 しておきます

ナビ用イラスト
余白を十分に取り、見やすく読みやすくします

ナビ用イラスト
蛍光色のような目がチカチカする色や小さくて見にくい文字は避けるようにします

ナビ用イラスト
画像を使ってインパクトを与えてみます。(白い文字を使うと印象が強く残ると思います)


自動車

ナビ用イラスト
タイトルや見出しは記事に誘導できるようなフレーズやメッセージを使います
【例】物知り博士とは?
【例】物知り博士になるには?

【例】今日!すごい物を発見しました。それは○○です。
中には、「何を発見したんだろう、○○って何だろう」とその記事に興味を持つ方もいます。

ナビ用イラスト
次回に見たくなるコメントをページの下に入れておきます。
人は最後に見た物を、より強く印象に残します

漫画で例えるなら次のページをめくりたくなるような仕組みにします
漫画の場合は、最後の方に新しいキャラクターを登場させて
見ている人に次回に興味を沸かせようとすると思いますが
ホームページなどにも活用できると思います

【例】次回に出来上がりを載せたいと思います
【例】来週に成果報酬の金額を発表したいと思います。

その結果が知りたい人は再度訪問してくると思います。

ナビ用イラスト
さりげなく人気をアピールしておきます。
【例】 ただいまアクセス数が10万アクセスを超えました。
行列のできるお店と同じです。行列ができているお店は「自分も並んで見ようか!」
「この先に何があるんだろう?」と興味を持つと思います。

ナビ用イラスト
項目を作り閲覧時間や話のゴールをわかりやすくしてあげます
【例】100の項目
【例】20の法則
【例】例えばダイエットの三つの注意点とした場合
1.食べ過ぎない事
2.無理をしない事
3.あきらめない事

また見に来てくれた時に長い文章の場合は、目安や目印にもなります。
もし項目分けをされたぺージ作りをしているサイトがありましたら
参考にして見てください。
項目分けをされていると一段と見やすいと感じると思います

次のページとして実際に使っているページなどを載せていますので参考にしてみてください

※項目作りで一番やってはいけないポイント
・3つの秘訣なのに4つもある!
・6つの方法となっているのに5つしかない!

これでは、あまりにもいい加減すぎますね

最初に数を決めるよりも、後から決める方が良いと思います。

無理やり作っても、 クオリティー(質)が落ちてしまうと思います

箇条書き


ナビ用イラスト
情報は、だしおしまずに記述し「この人は情報を開示(はっきり示す)」と
印象を与えれるような記事を書くようにします

ナビ用イラスト
ユニークな発想の記事を書いて閲覧者の方に「この人は面白い」と
印象を与えれるような記事を書くようにします

ナビ用イラスト
みんな同じモニターで同じ年代の人が見ているわけではありません。
小学生が見ても解るように絵や図を使って説明するようにします。
それと英語を使う時は、そういった点にも気をつけたほうが良いと思います
確かに英語を使って表現するとかっこが良いのかもしれませんが
ページを開いた時に英語があるだけで閉じてしまう人も中にはいます。
どうしても使いたい場合は補助的なコメントも入れておくとよいと思います

ナビ用イラスト
絵や画像は綺麗に見える方がもちろん良いですが、
テキスト(文字)だけの物より下手でもわかりやすければ
画像やイラストは使った方が良いと思います。

ナビ用イラスト
今書いている記事は今後に注目をされるかもしれません。
作成したページは、管理さえしていれば、半永久的に存在してくれます。
いわば、営業マンと店番が一緒にいるような物です。
いつ訪問者の方が訪れてきても良いように
商品(内容)を充実させ誤字脱字がないように記事を完璧の状態に仕上げておきます

例えば車上生活について書いていた記事が
テレビなどで、車上生活と言うフレーズが出てくると閲覧数が増えたりすることになります。

もう少し解りやすく言うと、こんな話を聞いた事があります。
セブンイレブンが急成長をする前にセブンイレブンの株を持っていた人が、
株の価値が上がった為に、とんでもない額になったと聞いた事があります。

ナビ用イラスト
先を見越した記事を書くようにします。
【例】 「小学一年生の友達の作り方」
小学生の子もいずれは中学生になります。
また新たに小学生になる子もいますので、
こういった記事は時代に乗っていけるのではないでしょうか

ナビ用イラスト
背景の色は黒をさけるようにします
黒は好みが分かれるために、あまり使わないほうが無難です
大手のホームページなどでは、背景の色は白や淡い色を使っているのが目立ちます

ナビ用イラスト
アピールできる物は、自慢にならない程度にアピールしておきます
【例】 以前に学校の先生をしてた事があります
【例】 東京大学を卒業しました
などとすると、この人から何か良い話が聞けるのではないかと期待感を持ち
ブックマーク(アドレスをメモ)しようとアクションをおこします

ナビ用イラスト
中途半端な教え方はしない!中途半端に教えるのではなく最後までわかりやすく教えてあげます。
中途半端に教えると、かえって悪い印象を与えてしまう事があります。

ナビ用イラスト
相手にとって有益(為になるよう)な情報を載せてあげます。
【例】昨日は餃子を食べました。餃子と言えば有名なのは宇都宮ですが
とすると知ってる人にはなんでもない事ですが、
知らない人にとっては、「餃子って宇都宮が有名なんだ」となると思います

ナビ用イラスト
話題性のある記事作り
特殊な話題の記事を書くよりも、話題性のある記事を書いた方が良いと思います
特殊な記事の場合は興味がある専門の人は見てくれるかもしれませんが、
あまりにも特殊すぎると、ごくわずかな人しか見てくれません。
そういった記事を書くよりも話題性のある
・ダイエット
・美容
・恋愛
・仕事に関する興味を引くような話題を書いた方が良いと思います。

例えば、同じ薄毛に悩んでいる人に、育毛剤の効果などを発表した記事は
役立つ記事になると思います

ナビ用イラスト
キーワードをたくさん使い自然な記事を書くようにします
キーワードをたくさん使う意味としては、それだけ検索からのヒット率が上がる事になります。

ナビ用イラスト
検索エンジンは、旬な話題や新鮮なフレーズを好みますので、
注目をされそうな話題や、フレーズを使うと良いと思います。

例えば、ゲームの話になりますが、
ロールプレイングのゲームを例にして説明したいと思います。
そのロールプレイングゲームは人気のシリーズで、
これまでに1から9まで発売されていて、
今度新たに新作の10が発売されたとします。

わかりやすくする為に、そのゲームに名前を付けてみます。
例えばファイナルファンタジー10だとします。
もし検索に「ファイナルファンタジー」と入力して、
上位表示されるのは、ファイナルファンタジー1でもなく2でもなく
検索からしてみれば一番話題になっている新作の物を上位表示したいと思います。

もし以前のシリーズで話題になっていれば別ですが、
今、みんなが求めている最新の疑問や攻略法を上位表示するのが検索エンジン上に好ましいと思います。

ナビ用イラスト
話題を広げる工夫
文字数は多い方が良いですが、無意味な情報はかえって書かない方が良いと思います。
最低でも一ページあたり300文字ぐらいは、入れて置きたい所です。
もし話題がなくなった場合は、私の場合はこんな風にしています。

例えば信号機の雑学などの記事を書いていた場合に、
内容に行き詰った時は、
「信号機と言えばこんなことがありました」と言った事から
話題を膨らませるようにしています。

その他
【例】 以前にこんな事を言っていた人がいます
【例】 こんな事をしている人がいます
など何気ない事を記事にしています

ナビ用イラスト
再訪問してもらうためには何か魅力がなければなりません。
デザイン、レイアウト、面白さ、豊富な情報、
などなんでも良いので、自分で魅力がある物を見つけると良いと思います。
魅了もなにもないホームページには、誰も興味を持たないと思います。
【例】例えば、アイドル顔負けのルックスがあるのであれば写真をちょっとでも載せれば
それだけでファンを作ることができると思います

ナビ用イラスト
記事内にリンクを貼るようにします。
関連した記事はリンクで飛ばすことにより、ページビュー数(見てもらうページ数)が上がる事になります

リンク構造

リンクは文章の合間に


以上です。あくまでも私が心がけて目指しているのをまとめた物です。

実際の私はと言うと、薄っぺらい記事でも載せてしまう事があります。
もちろん後から記事を追加していくつもりですが、
なかなか手がつけられないままでいます。
内容の濃いページを作る事をお勧めします。

また何か気になった事がありましたら、追加する事にします
こんなコメントも入れておきます。実際に気がついた事がありましたらほんとに追加します

                             
メモ

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ