歴史の雑学集

ライト兄弟は5人兄弟

畳べり

畳べりとは、畳のふち部分の模様が入っていたりする部分です。

種類は数千あるとも言われます
最近ではヘリのないものもあるようです
畳べりの役目としては。敷いた時に隙間をふさぐために補強してあるようです。
平安時代では
元々は身分をあらわすためのようで
当時、畳は座布団としても使われていたそうで
紫は殿上人が使っていたそうです。

中にはうろ覚え的な部分もありますので、参考程度に見て下さい

雑学集

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク