嫌いないな食べ物から好きな食べ物へ

欧米ではライスは、サラダ?
欧米ではライス感覚なんでしょうか?
私自身、昔はライス嫌いで
一日三食の食事はパンでも良かったぐらいですが
今では、ライスなしでは、考えられません

食の好みって変わるものですね
昔は、ねぎはなんでこんなにまずいのに食材に使うのか
不思議でしょうがありませんでした
しかし、今では、ねぎ命ぐらいの気持です。

おそらくでしょうが、ねぎ自体が品種改良などで
おいしくなったせいだと思います。
今でも青い部分はあまり美味しいとは思えません。

他に思うのは、玉ねぎの味噌汁です
子供のころは、絶対に手をつけなかったのに
今では、自分の味噌汁のランキングの中では、上位にいます
年を重ねると、自然と味覚が変わってくるのだと実感しました

【メモ】
昔に、南野陽子さんを見ても、歳も離れていたせいか
ただの「おねぇさん」としか見ていなかったのですが、

今の年齢になって
昔の南野さんの映像を見ると
「すごく、綺麗で、なるほど」と思いました。

麦茶

昔、少年野球で練習を終えたときに飲んだ瞬間の麦茶は、

「麦茶最高!」

と言った感じでした。

最近では
「お茶最高!」
「水最高!」
となっています

あのころには考えられなかった
「お茶」ですが

今となっては
逆転をしている立場です

少年のころは
お茶など飲むことはなかったのですが
今では
お茶が主流となり
「麦茶」を飲んでも

「麦茶最高!」とまでは、いかないと思います。

やはり、年を取るごとに
味の感覚は変わっていくのだと思います

昔に絶賛していた食べ物も
今では、
そんなに好きではない!

その逆もあります。

例えば

野菜の「ねぎ」など昔は嫌いで食べなかったのですが
今は「ネギ命」ぐらいの気持ちでいます

【メモ】
以前にダウンタウンの松本さんが言っていたのですが
ボクシングの練習後のコップ一杯の水は
一万円でも買うといっていました。

お金持ちの松本さんですから
金額の感覚は違うとは思いますが、
それほどに
汗をかいた後の水は最高だということです

なんだかんだいっても
やっぱり水が最高だったりします

【メモ】
真夏の夜に喉が乾いたので
自販機を探すことに
お目当てのコーラー探していて
やっと見つけました
そこで購入して
いざ手に取ると
明らかに「ぬるい」
まさか?
実際に飲んでみると
やはりぬるいです
なんだよ
思わず愚痴がでてしまった

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク