物知りをめざそう

まずは物知りとは=幅広い知識がなければ物知りとは言わないと
個人的には思っています。
例えば一つの事にたいして物知りといったことも言えますが、

もし「物知りな人」と普段から言われている人に、色々な質問をなげかけて
それにこたえられなければ、一般的な事からいえば「どこが物知りだ!」と言われるに違いないと思います。

それでは物知りになるためにはどのような事を学んだほうが良いかを一覧にしてみました。

物知りになるには、好奇心旺盛で、興味を持つ事が大事だと思います。

時には失敗もつきものです

リスクの高い失敗は避けるようにしながらも物知りになりたければ
色々な事にチャレンジしてみる事も大切だと思います。

そこから応用などでも効いてくると思います

【スポーツのルール】

スポーツと言えば、たくさんのスポーツがありますがルールは御存じですか?

ラグビーなどはとてもルールが複雑です。

例えばサッカーなどでもオフサイド

野球でもインフィールドフライなどの聞き慣れない言葉があります。

まずは物知りの第一歩としてスポーツのルールを覚えてみていはいいかがでしょうか

【車の車種名】

車の車種名に問わずバイクやトラックにもたくさんの種類があります

国産車だけではなく海外にも目を向けると色々な種類がありますので、
有名どころの車種名ぐらいは覚えておきたい所です。
その車にもグレードの種類もたくさんあります。あげたらきりがないですが…

【企業名やブランド名】

どこのコマーシャルだろう。

せめて有名な親会社ぐらいの企業名やどんな事業を行っているかは物知りとして押さえておきたい所です

【地名や施設名】

その地名や有名な建造物などの名前は覚えておきたい所です。
あの名古屋にある東京ドームなどと言ったら笑われてしまうかもしれませんね

【道具の使い方や名前】

道具にもいがいと別名などが付けられています。

道具の名前を覚えて行くのも楽しいです。

そこのスパナを取ってと言われて、すぐに渡せるのも格好がよいです

【木や植物の名前】

木の名前や花の名前もたくさん種類があります。

公園などを歩いていると、その花の名前が書かれている札がぶら下がっていたりします。
歩きながら自然と覚えるの楽しいものです

【機械に関する事】

機械と言っても動かすものから、色々とあります

例えばラジカセにリピートといった言葉が普通に使われていますが、

意味は御存じでしょうか?

【材料の名前や使い方】

セメントはどうやって使うのか?

料理の材料はどのような使い方が適しているのか?

【英単語】

英語の単語ぐらいは少しでも覚えておきたい所です。
これからもグローバルな時代ですので役に立ちそうです

そのほかは応用だと思います

例えば
・人間の体の仕組み
・本の著名者、作品名など似たような事覚えて行けば
自然に知識は身につくと思います。

物知りになりたいと言う人はなぜ物知りになりたいのか?

私の場合には
何故物知りになりたいかというと
「自分で何でもこなしたい」と言った気持があります

例えばですが
土地があったとします
そこで自分だけの街を作りたい
知識があればいろいろなことができます

例えば
チェンソーを使って木を切り開き
草刈り機で草を刈り
セメントで土台を作り建物などを作る

私は今までにたくさんの仕事をしてきて
チェンソーや草刈機などあらゆる機械にさわったりのさせてもらうことができました。

まだまだ学ぶことはたくさんあるのですが
良い経験をさせてもらいました

物知りとは
字のごとく物を知ると言うことです
物の名前、物の特徴、物の使い方などをこれからも学んでいきたいと思っています

ちなみに今は自然と触れ合い
木の名前や草の名前などを覚えたりしています

banner2

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ