ホームページの作り方【javascript編】

java


ホームページの作り方手順

ホームページの作り方の手順【javascript編】です
まずはじめに自分のパソコンのデスクトップ上のフォルダを作ります。

デスクトップ上とは、パソコンを立ち上げた時に出てくる画面のことです。

デスクトップ上の何もない所(アイコンなどの上にカソールを合わせない所)でマウスを右クリックします。

新規作成から、フォルダを作ります。
作成しましたら、そのフォルダを分かりやすいように名前をつけます。
名前は好きな名前で良いです。
ここでは「ホームページ作り」としておきます。
そのフォルダを開いて今度は「ホームページ作り」の中で右クリックして新規作成から
テキストドキュメントを作成します。
新しいドキュメントができましら、そのテキストドキュメントにも好きな名前をつけます。
ここでは「トップページ」としておきます。
これでホームページ作りのフォルダの中に「トップページ.txt」が出来上がった事になります。
(ウインドウズではテキストドキュメントは.txtは自然についてきます。トップページとだけ入力します)
そのテキストドキュメントを開いて
次のようなタグを入力します。


<html>
<head>
<title></title>
</head>
<body>
</body>
</html>

入力しましたら今度はホームページのタイトルになる部分を入れておきます
<title>~</title>
部分に好きなタイトルを入れます。
ここではホームページ作りに挑戦と入れておきます。


<html>
<head>
<title>ホームページ作りに挑戦</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

同じく今度はホームページの内容となる部分に

javascriptのプログラムを
<body>~</body>の間に入れます


<html>
<head>
<title>ホームページ作りに挑戦</title>
</head>
<body>
<script type=”text/javascript”>
<!–
alert(‘はじめまして’);
// –>
</script>
</body>
</html>

として保存をします。
保存する場合は
拡張子は.txtではなく.html形式で保存をします

ちなみにここではindex.htmlとしておきます
indexの部分は好きな名前でかまいません

こうしてできな
index.htmlのファイルを開くと
ダイアログボックス(アラート)が表示されます

javascriptのサンプル集

javascript

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ