jQueryの説明

haikei17

jQueryとはjavascriptのライブラリの一つです

ライブラリとはプログラムを再利用できるようにしたものを意味します

なおスクリプトを部品化したもので簡単にそれを引き出して使うことができます

ちなみにライブラリーの意味としては、「図書館」や「図書室」を意味しますので意味合い的に似ています
jQueryの特徴としましては、

プログラムにそんなに詳しくない人でも

高度なjavascriptをすぐに装飾できるようになります

例えば企業などのホームページでスライドする写真が使われているのをよく目にします。

その方法としてjQueryが使われていたりします。

本来はjavascriptを書いて記述するのですが

スクリプトが部品化されていますので

長い記述は必要ありません

そして誰かが作ったプラグインを使うこともできますので

簡単に装飾することができます

手順としては

1.jQueryをサーバに上げる
2.もしくはグーグルなどが提供しているCDN(Contents Delivery Network)を使う

より簡単なのは
2.の方法でCDNを使ってリンク先をCDNからjQueryを読み込んだ方が楽だと思います

その記述方法は

htmlのhead間に

<script type=”text/javascript” src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.6.2/jquery.min.js”></script>

とこのように記述をします


見本

数字が並んでいるのはバージョンを表していて、このバージョンによっては書き方や動作が変わってきます

jQueryはどちらかと言えば

javascriptの基礎知識はあったほうがよいのですが

記述方法としてはcssがわかっていれば理解は比較的に早くすむと思います

cssの使い方

ナビ用ページ
HTMLがわからない人はホームページ作りに載せています


●jQueryの記述方法

記述方法としては

jQuery(function ($){});

が基本となります

主にjQueryはhtmlを操作するのが基本となりますので

cssを使ったことがあれば、なんとなくわかると思います

そのcssを例にすると

$().css();
とこのような書き方になります。

$(“セレクター”).css(“プロパティ”,”値”)の形で呼び出します

$(“セレクター”).メソッド(引数)

メソッドでは引数であるパラメータを渡します

$(“div”).css(“color”,”pink”);

これはdiv全体の文字色をピンクにするということです

$は変数宣言を表しています

そしてセレクターにはタグなどの要素が入ります

cssでおなじみのものが使えます

例えばdivでありp、id名なども使えます。

$(“div.my”).css(“color”,”pink”);
の場合には

divのクラス名であるmyと言った名前のついている要素に対して文字色をピンクにします

本来であればjavascriptでは何行にもわたって書くコードもこの一行だけで済むことになりますの
部品化されていると楽だということがわかります。

【使えるセレクターの例】
$(“div”)div要素
$(“p”)p要素
$(“#tokumei3”)ID名
$(“.tokumei3”)クラス名
$(“.tokumei3″,”.tokumei4″)クラス名を複数に指定

その書き方としても二通りあります

$(ここに記述)
$ここに記述()

となります。

$div()
$(“div”)

どちらかのわかりやすいほうでを記述する形となりますので
どっち派に行くかは自由です


●メソッドチェーン

同じ要素で複数のメソッドを使いたい場合にはドットでつなげて書きます

それをメソッドチェーンと言います

$(“div.my”).css(“color”,”pink”).height(300);


javascript

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ