腰痛

もう数年前の話ですが、以前にものすごい腰痛の痛みで、
歩けないほどの痛みになったことがありました。

その時の自分の生活などを振り返ると、

腰痛のきっかけになりそうな事がたくさんありますので

それをちょっとまとめてみました。

その頃の仕事は、早朝の新聞配達をやっていました。
ちょうど時期は寒い時期で、体も固まりやすい状態だと思います。

新聞は、結構重いので
バイクでバランスを取るのも大変です。

「人よりもやろう」と無理をしていた部分があります。

生活面では、

その頃は、まだ若かったので、

熟睡から目が覚めた時にすぐに腹筋を行っていた事がありました。

これは完全に良くない例だと思います

朝起きた時は、体も硬い状態ですので、

そこに負荷をかけるとなると、消してよいとは言えません。

準備体操は必要です。

その時の寝床はパイプ式の二段ベットで、

その布団の上で腹筋のトレーニングを行っていたのですが

その二段ベットも、腰痛持ちの人には、向いていないと思っています。

本来であれば

腰痛には腹筋のトレーニングが良いとは思うのですが、

体をならしてから行うのがベストだと思います。

でも一番の腰痛のトレーニング方法は

歩くことだと思っています。

歩き方も姿勢を正して、足をしっかりとつけて歩いたほうがよいと思います。

つま先だけで歩くのは、逆に腰を痛めてしまいます。
この時ボクシングの練習のためにつま先だけを使って歩く癖をつけていました。

これは自分で実践をしていますので、確かだと思うのですが、
はっきりと断言はできません、
私個人の場合なのかもしれません。

その頃の生活としては、主に座椅子に座ることが多かったです。

姿勢も悪い状態でよくテレビを見ていました。

姿勢が悪い状態で何時間もいると体もゆがんでくると思います。

【腰痛の原因】
腰痛の原因は95%が筋力の衰えが原因だそうです
【まとめ】

・無理をして重い物を持たない
・重い物を持つ場合は十分に柔軟を行い腰だけで持たずに腕も使う
・朝のおきたては柔軟をしない場合は無理な運動はしない
・腹筋を鍛える
・ウォーキングは大事
・つま先だけを使って歩く癖はしない
・悪い姿勢で長時間過ごさない

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ