ギザギザの十円玉

ぎざぎざの十円玉は昭和26年から昭和33年に
作られた物が、ギザギザの十円玉のようです。

なぜギザギザなのかは、昭和26年当時は最高額の
硬貨が10円玉で、その証だっだようです。
硬貨は製造年などによって
貴重価値が出た物もあったと思います。

以前に、50円玉だったと思うのですが、
穴の開いていない50円玉が高く買い取られていました。
それと以前にピザ屋のバイトをしていた時に
支払いをすべて旧お札で支払いをなされた方がいました。

正直なところ、価値と言うよりも物珍しさから、
そのお金を自分で両替したかったのですが、
当時貧乏人でありましたので
かえる事はできなかったことを思い出します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク