関東と関西の周波数

だんだん夏に近づいていくのを実感します。(2011年6月)

節電と言えば電気、昔に調べたことがあるのですが、
なぜ関東と関西は周波数が異なるのだろうか、うろおぼえですが
関東にあった東京電灯がドイツ製の発電機を導入して
関西にあった大阪電灯がアメリカ製の発電機を導入したと思います。

統一計画が何度かあったようですが
戦後、急速に発展したため実現ができなかったようです。

やはり双方にデメリットとメリットがありそうです

依存してしまえば、それがダメになったら終わりです
その点、違うものを用意しておけば
いざとなった時に使えそうです。

何かに例えるなら、ジャガイモが良い例だと思います

ジャガイモは同じ品種で育てた場合に
万が一に病気になった場合に全滅してしまいます。
その点、
違う品種のものを植えておけば、
確率的にも免れる可能性があります

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ