サバを読むの由来

サバを読むとは、数をごまかす事ですが、
その説は二つあるようです。

一つは、魚のサバの事を言います。鯖は傷みやすい魚で、
早く仕分けなければなりませんでしたので数にごまかしがあったのだと思います。
もう一つは、米粒をさばと言っていたそうです。
昔のすし屋では、お客さんがどれだけ寿司を食べたか
米粒をまな板の横に置き、食べた数を覚えていたそうです。

現在のように皿の色をみてわかるような感じだと思います
その時の勘定をする時に、お客さんとすし屋の職人の間で金額が合わずに
すし屋の職人は、こっちはサバを数えているので間違いないと言う主張に
お客からは、サバをごまかしているのではと、言われていたそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク