「作成」と「作製」の違い

作成と作製はどう違うの?

作成と作製はほとんど同じ意味でつかわれるようです

「作成」は文章などを書くときに使われます  ”記事を作成”

「作製」は物などを作る時に   ”カギを作製”

「制作」の場合には作製と同じく品を作る際に  ”芸術品や美術品を制作”となるようです。

実際に辞書で調べてみると
「作成」は主に計画書や書類などの文章を作る際に使われる言葉です。

もう一方の
「作製」では、道具や機械などを使って物を作るときに使われる言葉となっています。

そして「制作」の方も調べてみると作製とほぼ似ていますので
使い方としてはほぼ同じだと思います。

【使い方の例】
作成 → 報告書を作成する (書類などを作る)

作製 → 図面を作製する (品物を作る)

制作 → 番組を制作する (芸術品などを作る)


製作 → 医療機器を製作する (機械などを用いて作る)

作成と作製のどちらを使うべき

さてここで問題です
ホームページを作る際はどの言葉を使うのが適切でしょうか?
いがいにもヒントは身近にありました。

1.ホームページを作成
2.ホームページを作製

答えとして
インターネットを使い検索に
「ホームページ」と入力をしてみます
そして候補として
一番上位にヒットしたのが「ホームページ作成」となりました。

おそらくは
ホームページ「さくせい」となると多くの方が
「作成」で検索をされるのだと思います

適切な漢字を当てはめてみて下さい

作成/作製/制作/製作
・会議のために資料をさくせいした
・アシスタントとしてドラマのせいさくにたずさわる
・建築のために設計図をさくせいした
・みんなに配るためにサンプルをせいさくした
・電気工作を作るために図面からさくせいした
・ハンマーを使い家具をせいさくした
・陶芸で器をせいさくした
・報告書をさくせいするように上司に言われた
・自主せいさくで映画を作った
・模型飛行機をさくせいした
・卒業論文をさくせいした
・地図をさくせいした
・計画書をさくせいして提出した
・アニメせいさくの現場を見学させてもらった
・プラモデルをさくせいした
・予算案をさくせいした
・合鍵をさくせいした
・宣伝のためにポスターをさくせいした
・レポートをさくせいした
・カレンダーをさくせいした
答え

・会議のために資料を作成した
・アシスタントとしてドラマの制作にたずさわる
・建築のために設計図を作製した
・みんなに配るためにサンプルを製作した
・電気工作を作るために図面から作製した
・ハンマーを使い家具を製作した
・陶芸で器を制作した
・報告書を作成するように上司に言われた
・自主制作で映画を作った
・模型飛行機を作製した
・卒業論文を作成した
・地図を作製した
・計画書を作成して提出した
・アニメ制作の現場を見学させてもらった
・プラモデルを作製した
・予算案を作成した
・合鍵を作製した
・宣伝のためにポスターを作製した
・レポートを作成した
・カレンダーを作製した

こう見ると
文章などは「作成」が使われ、形ある物を作る時には「作製」を使い
芸術品やデジタルコンテンツなどを作る際は「制作」が使われているような気がします

ちなみに製作と制作の違い

製作
製作は主に物を作る時に使われる言葉です
・医療機器の製作

「製作」と聞くと量産的に物を作るイメージがあります
その背景には町工場のイメージが強いのかもしれません

・物作り製作所
・日立製作所

【豆知識】
ちなみに「製」には「こしらえる」という意味があるそうです
かたや
「制」には「ととのえる」という意味を持つそうです

制作の場合には
芸術品を作るときに使われる言葉です
「制作」と聞くとアトリエで作品を作るイメージがあります

・絵画の制作
・卒業制作
・制作会社

テレビ番組や映画などのプロデュースの過程では制作を用いて
完成するまでの全体を指す場合は製作を用いるようです

このエントリーをはてなブックマークに追加
      


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ