木魚に魚

お坊さんなどが叩く木魚がありますが、
よく見ると、魚が描かれているそうです。

その理由は
魚は常に目が開いていて、目を閉じないことから
お坊さんが修行に精進できるようにと込められているそうです。

お坊さんが、もし眠くなっても、その魚をみることで
眠気を覚ましているようです。

眠気との戦いってきついですよね
自分の場合には
3日間ぐらいが限界かもしれません。

それも昔の話で、
今は二日ぐらいでも無理かもしれません

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ