フラミンゴがピンクの理由

フラミンゴはなぜピンク色をしているのか?

野生のフラミンゴが食べているプランクトンには
赤い色素の「カロテノイド」「カンタキサンチン」と言うものが含まれていて
それを食べていることによって、ピンク色をしているそうです。

じゃぁどうして動物園のフラミンゴはピンク色なの?

動物園で飼育されているフラミンゴの餌には
ピンク色の色素になる餌を与えているそうです
そのために動物園でかわれているフラミンゴは
鮮やかなピンク色をしているそうです

それを与えないと白いフラミンゴになってしまうそうです
そのフラミンゴですが
生まれたばかりのフラミンゴの白い羽毛をしています

フラミンゴにとって鮮やかなピンクこそが異性のきを引かせる事が出来るようです
つまりはピンク色こそがもてるという事です

フラミンゴは何故片足で立っているの?

フラミンゴの特徴としては
羽毛がピンク色で長い足が特徴的です
足が長くスリムなのは格好がいいのですが
そのため
血管が細く足が冷えやすいそうです

「鶴」などの足が細い鳥は
足を温めるために交互に足を入れかえているそうです

カバの汗はピンク色?

山の中で目立つ色

このエントリーをはてなブックマークに追加
    


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ