依存性があるものをやめる方法

依存性があるものはほとんどやりましたしやめました。
喫煙、飲酒、ゲーム、パチンコ、スロット、競馬などはまっていた時があります。

今はコントロールできるようになったので大丈夫ですが、
はまっていた時ははひどい状態でした。
パチンコなども毎日、やっていた時があります。
たぶん週8ぐらいで行っていた記憶があります。

負ければそく銀行へはしり
お金をおろしてはパチンコ店に向かい
そしてまた銀行へ駆け込む
こんなことが一日の中で5回ほど続いた事があります

最初から一気におろせばよいのですが
ちょこちょこ数千円をおろすので
すぐになくなってしまいます

それぐらい依存されていました。
今では少し電話投票で競馬をやるぐらいです。

やめ方としては、一切考えない事です。関連するもの灰皿など
目につかない所に追いやります。
つまりきっぱり捨てます。
ガムもやめた方が良いです。
噛んでいるうちに「何故ガムを噛んでいるのだろう」と思って最終的に
考えてしまうことになります

欲と言うのは考え出すと
欲が増してきます
あれもほしい
これもほしい
とにかく考えない事が大事です

薬物依存者が、ペットボトルのミネラルウォーターで薬物を溶かしていたことから、ペットボトル入りのミネラルウォーターを見ると急激に薬物を思いだし、やりたくなるといっていました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク