メリハリをつけてやる気をアップ

メリハリとは、波で例えると高い波もあれば低い波もあります。

一定ではなく強弱があると言った意味です
マラソンで言うと少しスピードを緩めたり、
少し回復してきたら、スピードを上げて
常にエンジン全開だと疲れてしまいます。

メリハリと言えば、仕事ではとても大事になってくるとおもいます。
やる時はやる、やらないときはやらないと言った事が効率を上げます。
「朝の8時から昼の12時まで仕事を集中して一生懸命やろう」と
言った場合に、4時間と言うと、かなり長い時間になります。

ぶっ通しで仕事をした場合には、かえって仕事ははかどりません。
ましてや、真夏の外仕事だった場合は、なおさらです。
11時ごろからはダラダラになり、午後の仕事にも影響してきます。
それであれば、10時頃に一度休憩をとった方が、気持ちも引き締まり
結果的に仕事の効率も良くなります。

これは仕事に限った事ではなく、
何事においてもメリハリをつける事はとても大事だとおもっています。
勉強するときは勉強する。しないときはしない。遊ぶ時はおもいっきり遊ぶ、
押してダメな時は思い切って引いてみる、
勉強がはかどらないときは、ちょっと休憩をとってリフレッシュすると
逆にはかどるかももしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク