ライフセーバー【なるほどな話】

ライフセーバーの方がこんな事を言っていました。
もし溺れている人がいたら、
助けるときに少し間をおいてから接近すると言っていました。

その理由は、溺れている人は、
わらをもつかむぐらいの勢いなので、
そこで接近した場合につかまれてしまっては、
二人とも溺れてしまうからです。

それでもし接近してみて、
だきつかれて自分が危険だと思ったら、
無理やりに蹴ってでも距離を保つと言っていました。

【豆知識】うきわ代わり
これは実際にあった話です。
溺れている人に、とっさにペットボト、ルを投げて、そのペットボトルが浮き輪になり、助かったと言った事例があります。

その他に似たようなケースとして、
ビニール袋にサンダルを入れた物を、投げ入れた所、
溺れている人が助かったと言ったケースもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク