野球選手の目の下

野球選手の目の下に黒いものが、
ずいぶんと疲れているのかと思いきや
あれはクマではなくアイブラックと言うそうです。

ボールを見やすくするためにつけているそうで、
太陽の光やスタジアムの照明で目の下で反射して、
ボールが見にくくなるようです。

もともとは外国人選手のようなほりの深い選手が目の下などの汗が反射して
目がくらまないようにつけているようですが、
近年、日本のプロ野球でもよく見かけるようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ