クワガタの好物

今日、今年はじめてクワガタのメスを見つけました。
昔は確か「ブーチャン」と呼んでいたような気がします。

クワガタといえば都会の方でよく見かける印象があります。
それに対し、カブトムシは山のほうで見かける印象が強いです。

都会暮らしと田舎暮らしを経験して感じたことのひとつでもあります

何年か前に、隣り合った二本のクヌギの木で大量にカブトムシをとったことがあります。

時間は16時から20時の間でした。
はしごがなかったので
竹で代用して、高い所まで登ったのを思い出します。

そのクヌギの木ですが
カブトムシやノコギリクワガタを合わせ
およそ50匹以上は取った思います

自分でも驚いていますが
「こんなにカブトムシってとれるものなのか」と信じられないぐらい次から次へと飛んできて
はそのクヌギの木に群がっていました
「やはり穴場的なクヌギの木はすごい!」
クヌギの木と言うのはブナ科に属しており
見た目はくねっとした木で葉の特徴は
栗の木のようなギザギザな葉をしています

そして次の年も取れるかと思い行ってみたのですが、一匹もいませんでした。
原因は定かではないのですが、ひょっとしたら、
カブトムシの間で、「あそこには行かない方がいい」と噂になっているのかも知れません。

その次の年も行ってみたのですがいませんでした。
ただ単に、多い年だったのでしょうか?

【カブトムシを捕まえる方法】
カブトムシの仕掛けには、バナナに焼酎をかけると良いそうです

【クワガタの好物】
クワガタの好物は比較的に甘いものを好むようです

昔は砂糖水をあげていたのですが
どうも砂糖水はあまり良くないらしいです

飼育の際には
専用のゼリーや高タンパクのゼリーなどをあたえると良いそうです

昔はスイカやメロンをあげていたのですが
よく液を吸っていたような記憶があります
とにかくバナナなどの甘いものが好きなのでしょうね

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク