光化学スモッグの原因や症状

昔、小学校の頃、プールの帰りなどに、よく息を吸うと
苦しくなったことがありました。
後々、それが、光化学スモッグだったとわかりました。
そこで光化学スモッグとは、
窒素酸化物と炭化水素が化学反応をして
光化学オキシダントが発生するようです
おもに自動車の排気ガスなどに含まれる
物質が化学反応して、生成された有害なものが
空気中でスモッグ状になる現象で、
濃度が高くなると霧のようにもやがかかるそうです。
症状としては目がチカチカしたり呼吸が苦しくなったりするようです。
主に5月頃 ~ 9月頃の風がなく日射が強い時に発生しやすいようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク