防犯

カメラは見ている

更新日:

車上生活などの経験をしていて気付いた点があります。
それは、ある施設や公園などで、
誰も見ていないよう場所でも
実はカメラが設置されていたりセンサーがある場合があります。

それを察知してか、
あきらかに、
様子を見に来る人がいます。
おそらくはセンサーがどこかで反応をしてまったのでしょうね、

もし車中泊をする場合には、
あまり誤解をされるようなところにはいかないほうが無難です
たとえ公園であっても、
ルールは守ったほうが良いです。

それにこれからもますますと年々に
防犯カメラなどが増えていくことだと思います。
カメラを設置する費用は安くなってきていていますので、
簡単に設置ができてしまいます。

これから先そこらじゅうに監視カメラだらけになるのではないかと思います。

結局、「何が言いたいのかと言うと」
それは常に人は「見られている」という意識と
「悪いことは出来ない」という事を
頭の中に入れておいた方が良いと思います。

監視カメラ

年々、監視カメラの設置が増えてきています。
監視カメラを設置することで
犯罪を減らす効果もあるそうです

カメラの設置ってどんなところで設置されているの?

カメラの設置場所としては
コンビニが一番多く

コンビニ一軒当たりのカメラの設置数は
レジや事務所を含めて
約12台が必要になるそうです

-防犯
-

Copyright© 知識は積み重ね , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.