ふたつにひとつの選択

昼食をとるために、
インスタントラーメンとコップに入ったお茶をのせたおぼんを持ち

自分の部屋へと向かいました。
自分の部屋には布団が引きっぱなしの状態となっています。

その時にドアを閉める際に、気を取られて、お盆からコップに入ったお茶と

ラーメンが滑り落ちそうになりました。

もう少しでひっくし返すところで大惨事になるところでした。

天気も悪く、もし布団にでもこぼしたら大変なことになっていたと思います。

布団の横には電源が入ってはいなく閉じたままのパソコンが置かれています。

そこで思ったのですが、
あわてて、おぼんを水平に保ち事なきえたのですが、

もしその時に、失敗をして布団か、その横にあったパソコンとでは、
どちらを取るべきだったのかと?くだらない事を考えてしまいました。

どちらも、こぼしたくない大切なものですが、
もし、「無理だ!」と思ったときに布団は避けて
パソコンの方にこぼしていたのではないかと思います。

たまに二つに一つの選択をせばまれるときがあります。

両方を取ることができない!

そういったときの判断って難しいですよね

欲張りな私なので、真っ先に二つを取ることを考えますが、
どうしてもの時は、一つに絞らなくてはなりません。

たとえば、かつ丼も天丼も食べたい、でも二つは食べれない!
そういったときにどちらを注文するかです。

【追記】
この記事を書いてからおぼんをしっかりと持つようになりました。

あわてて歩きながらコーヒーを飲んでいる最中に、
思わずきかんに入ってしまい、むせそうになりました。

近くには白い壁がありましたので、
ここで絶対にせき込むわけにはいきません。

思いっきりこらえて
なんとか、ことなきえたのですが、
我慢していただけに、
涙が止まりませんでした。

そのせき込むときに
「家の壁が白いことと」
「今ここで吐き出しては、後片付けが大変だ」と頭によぎりました。
その結果、せき込んでも大丈夫なように
すぐに地面に這いつくばりました。
もしせき込んでいても、白い壁を汚すことは免れていたと思います。

もしそこで何も考えていなかったとしたら思いっきり吐き出して、
「今頃」掃除をするはめになっていたかもしれません。

ちなみにこれは昨日の時点で、
文章にまとめていましたので、「今頃」となっていますが、
実際には昨日のお昼過ぎの出来事です。

【あるあるな話】
大事なものを落としてしまった場合に
物が地面に落ちる瞬間に、
思わず声を出してしまうことがあります。
あの声を大きくするほど
衝撃が和らぐような気持ちになるはなぜでしょう?

例えば
携帯電話が手から滑り落ちて
地面に落ちる瞬間
「あ~!」やってしまった

この
「あ~!」の声の大きさが
落ちた衝撃の音を掻き消すためなのかもしれません
それと
声を出すことで壊れないような気にもさせてくれます
大事なものほど大きな声がでそうです!

先日、音楽を聴きながらトイレに行き
ようをたしていると
イヤホーンがトイレの中に落ちてしまいました

思わずやってしまった
あわてて
水洗いをしました

もう交換しかないかな
と思いつつ
再び電源をいれて聞いてみると
音が出たので

意外に水にはっていも大丈夫だったことに驚きました
すぐに取り出したのも良かったのかもしれません

念のためウェットティッシュで拭いて
今でも使っています

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサード リンク