土用の丑でなぜウナギ

土用の丑とは、何なんでしょう
土曜でもないのに、なぜ土用の丑と言うのでしょう。
土用の羊ではダメなのでしょうか?
さっそく調べてみたいと思います。

土用の丑とは、立秋前の18日、土用の入りになって、最初に来る丑の日の事で
夏バテ防止に食べる習慣になっているようです。

【メモ】ウナギと夏バテ
ウナギが夏バテに良いと言った話は有名ですが
実はそんなには
夏バテに良いとは言えないといった意見もあります

ウナギは当初高価なもので
高タンパクから好まれた食べ物です
ですが、今の時代ではもっとよい
食品があると言います

たしかに江戸時代の頃は
今と違って栄養がある食材が手に入りずらかったと思います

藤子不二雄先生がうなぎを食べて鼻血

漫画家の藤子不二雄先生が言っていたのですが

藤子不二雄先生はお寺生育ちで、
よく精進料理ばかりを食べていたそうです。

そして大人になりウナギを食べる機会があって
その食べた直後に鼻血が出たといっていました。

藤子先生いわく

慣れていないので体が反応してしまったといっていました。

よく漫画などでも目にする
女性の刺激的な場面では
よく鼻血を出すシーンをみかえます。
あれも見慣れていないので出るのではおっしゃっていました。

確かにそんな気もします。
以前に、無人島で一人ぐらしをしている人が
ひさしぶりに「とんかつ」をたべたら
胃がびっくりしたようだといっていました

体は慣れていないとおそらく反応するのだと思います

花粉症でくしゃみが出たり、
何か悪いものを食べたら蕁麻疹ができたり
体は常に自己防衛などをしているのかもしれませんね

【2012年のぼやき】

今年はうなぎが高騰のようです。
良かったー!うなぎがそんなに好きではなくて、
食べない事はないのですが、なくても十分です。
高級な物は、私の貧乏性の口には合わなかったりします。
ウニや白子など好んでは食べません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク