もぐらに遭遇してわかったこと

もぐらを一度だけ見たことがあります。

最初に見たと時の印象と言えば、「なんだこれ!?」と言った感じです。
はじめてみる生き物だったので、少し驚きました。

何に似てるかと言えばネズミに近いかもしれません。
最初に見た時は驚いたのですが、
側溝部分に迷い込んでいた姿をしばらく観察していのですが、
結構かわいかったのが印象に残っています。

よくモグラの目は退化していると言われますが、
確かに目がなかったように見えました。
実際には、小さい目はあると思うのですが、
見えていないと思います。

やはりモグラにとって必要なくなってしまい、
進化したのではないでしょうか
モグラ(土竜)の食べ物としては、
ミミズやヒル、幼虫などを食べているそうです。

【メモ】
モグラについて
「モグラは畑を荒らす害虫」として嫌われています
そのモグラですが一日の大半を食事時間に費やしているそうで
一日に自分と同じぐらいの体重の量の餌を必要とするそうで、
そのため
昼夜とわず活動をし餌を探さなければならず
10時間から12時間ぐらいに食事をしないと死んでしまうこともあるそうです

モグラのほとんどの種類は地中にトンネルを掘り縄張り作り生活をしているそうです
そのトンネルの中では、地下水脈を利用した水飲み場があり、
トイレや食料の貯蔵庫もあるようです

もぐらの目は退化していると言われ
その代わりに嗅覚(きゅうかく)がすぐれているそうです

【物知り】
モグラがトンネルを掘るスピードはカタツムリの進む速度の3分の1だそうです
【ここで雑学】
人のうわさも75日
なぜ人のうわさが75日何だろう?
一説によると米や野菜の種をまいて、
収穫する期間がだいたい75日かかるそうです。
収穫などで忙しくそんな話題を忘れてしまうのかもしれませんね
このエントリーをはてなブックマークに追加
   


スポンサード リンク