物知りになるには|ルパン三世を目標にしよう

物知りになるには、「ルパン三世を目標にしよう!」
凄いタイトルになってしまいました。

私が行きついた結果は、「物知り」になるには
人でいえば、池上彰さんのように!

漫画のキャラクターで言えば「ルパン三世」のような人物を
目標にすれば、わかり易いかと思います。

例えば
自分にないものを持ち合わせた者を寄せ集めれば
それは、強力な武器になるのではないかと思います。

もし企業で、

社長は、企業のノウハウを細かく知ってはいるのですが、
機械音痴でパソコンすら動かせません。

副社長に招いた人物は、
企業のことには、あまり詳しくはないのですが、
パソコンやネット関係にはめっぽう強いです。

そして部長は、みんなから好かれ、
チームワークのリーダシップとなる人物です。

社員のAさんは足は速いのですが、シャイで口下手です

社員のBさんは足は遅いけど、口は達者で営業向きです。

など、自分にないものを、どこかで補える会社では、
成功できるのかもしれません。

以前に、ドラマの古畑任三郎で、
江口さんがメインのかいでこれと似たような
かいがあったような気がします。

そのドラマでは、それぞれに得意な分野があり、
そういった人が寄せ集まってできた
グループは、かなり賢く感じ取れました。

その結果、私が行きついた「物知り」の人物像というは、
すべてではないけど、たくさんの知識を持っている
「ルパン三世」のような人物が物知りの見本となる人物ではないかと思います。

ルパン三世は、一人で何でもこなします。
おそらくは、次元や五右衛門がいなくても
大概のことは乗り切れるでしょう!

やはり一人で何でもこなせる人は憧れてしまいます。

そのためには、いろいろなことチャレンジすることが大事だと思います。

スポーツでも、サッカーもやり野球もやり
バスケもやり、プレーすることによりルールもわかります。
もちろんテレビゲームでもよいと思います。

昔にこんな卒業アルバムを見たことがあります。

部活の写真で、サッカー部の卒業写真に写りこんでいたと思ったら、
また違う部活の卒業写真まで写りこんでいた人がいました。

おそらく部活のかけもちではなく、
たまたま写っていただけだと思うのですが、
イメージとしては、このような感じです。

物知りと言えば
人に例えると池上彰さんの名前が自然と挙げられます。
知らないとは言わないイメージがあります。

そこで池上彰さんとはどんな人
池上さん【Wikipedia】

このエントリーをはてなブックマークに追加
 


スポンサード リンク

 

↑このページの先頭へ