このページのナビゲーション トップページ   javascript  
サンプルのボタンを押すとアラートが出ます

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると サンプルページのように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> <script type="text/javascript"> <!-- function take(){ window.alert('サンプル\nここに好きな文字を\t入れます'); } // --> </script> </head> <body> <input type="button" value="サンプル" onClick="take()"> </body> </html>

<head>〜</head>間 <body>〜</body>間

解説: javascript記述方法 alertは、その中身をダイアログボックスとして表示させます。 ちなみにオブジェクトであるwindow.は省略可能です window.alert('サンプル\nここに好きな文字を入れます'); の所に好きな文字を入れる\n改行、タブは\tであらわします タグでいえば\nは<br>の役割です 【ボタンの説明】 value="サンプル"   ボタンの文字 イベントの onClickを ondblClickに変えるとダブルクリックすると開きます イベントとは、何か発生した時です マウスでクリックした場合や キーボードが押された場合、 ページがロードされた場合、 マウスのポイントが領域に乗った時など 何か発生した時に起こすことを言います。 何もしなければ何も起きません。 電気のスイッチもスイッチを押さなければつかないように イベントを決めなくてはなりません そのイベントが発生したらここで適当に名前を付けたtake関数が呼び出されます

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ