このページのナビゲーション トップページ   javascript   ジャバスクリプトの基礎知識

下の青い部分をコピーしてタグ内に記入すると上のように表示されます

<html> <head> <title>タイトル</title> </head> <body> <script type="text/javascript"> <!-- document.write(500*2,"円の商品に消費税を加えると",500*2*1.05,"円です"); //--> </script> </body> </html>

<body>〜</body>間

解説: 数学の計算と同じく+や−の演算子を使って計算をさせることもできます そして計算をしたものと文字を組み合わせて表示をせることもできます その時もプラス記号を使い文字同士をつなぎ合わせていくことも可能です ちなみにこの例では消費税の計算をさせた結果です 500×2を結果の1000の位置に、 消費税の部分の結果には、500×2×1.05としています かけるは、*この記号になります "〜"に挟まれたものはそのまま文字として扱われます。 そうでないものは、数字となりますので計算を行ってくれます こちらの場合には アラートで表示させるのではなく ブラウザのdocumentであるオブジェクトと それを書き出すwriteメソッドを使って表示をさせています。

javascriptの一覧

 

javascriptの説明

目指そう!物知り博士TOPへ

↑このページの先頭へ